スポンサードリンク

2017年05月18日

三橋淳がテニス界から消えた原因は八百長だったか....なぞが解けた、女がらみじゃなかったか、シカシ、永久追放とは

三橋淳がプロテニスの現場から消えてから久しいですが、その三橋淳のニュースが流れ日本テニス界に激震が走りました。

なんと”侍”三橋淳が、テニスの不正監視団体TIUから八百長行為を突き止められ、永久資格停止と罰金5万ドルの処分を科された、と日本テニス協会が発表しました。

いきなりのニュース。ニュースによると2015年11月の南アフリカの下部ツアーにおいて、コーチを務めた選手を通じ、お金を渡す約束で選手に負けるように求め、、同年12月のナイジェリアの下部ツアーでは直接、選手に八百長行為を持ち掛けたそうです。

さらには、三橋淳、テニス界では禁止されている賭博行為も70回以上行ったとして、それに関して調査協力も求められたそうですが、すべて拒否ということで、TIUから即刻、永久追放をいい渡された模様です。

三橋淳、ATPシングルスランキング最高位295位と、テニス界ではこの程度の選手が、テニスではなかなか食えないので八百長の誘惑にかかることが一番多いと思いますが、一番やっちゃいけないことをやってしまいましたね。

三橋淳といえば、2014年を最後にまったくテニスの世界では話を聞いていなかったですが、その当時は、女性がらみの問題で選手として出られなくなったんでは? と自分的には想像していましたが、よりくだらないこんなことでニュースになるとは。しかも日本人では初めてとなるテニス界の永久追放だそうです。恥さらしだわ。

当時は”侍”三橋淳なんてキャッチフレーズで売り出していましたが、これじゃあ、乞食と一緒だわ。人気ブログランキングへ>>>

・三橋淳選手、引退ではなく一時休養。何があったのか....ダイナミックなハードヒットが魅力... の記事
posted by テニスおやじ at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 往年の名選手 男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

男子はジョコビッチ、女子はケルバー 全豪オープンテニス2016

全豪オープンテニス2016がとうとう幕を閉じました。

男子シングルス決勝戦

〇ノバク・ジョコビッチ VS アンディ・マレー ☓ セットカウント3−0(6−1、7−5、7−6)

女子シングルス決勝

〇アンジェリーク・ケルバー VS セリーナ・ウィリアムズ ☓ セットカウント2−1(6−4、3−6、6−4)

結局、男子は大本命世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチがアンディ・マレーを全く寄せ付けずストレートで勝利しました。そろそろジョコビッチを負かす選手が出てこないとね。しかし、ジョコビッチの攻め守りともに素晴らしい選手ですね。

そして、女子は本命のセリーナが第7シードのケルバーに敗れる波乱。これは面白かったですね。特にケルバーは今大会1回戦で日本の土居美咲選手にマッチポイントを握られながら、そこから盛り返して逆転勝ちを収めての優勝。

あの1回戦で土居美咲選手が勝ち上がっていたら、すごく面白かったと思うんですが、それが残念でなりません。しかし、ドイツ人女子選手がグランドスラム大会のシングルスで勝つのはグラフ以来22年ぶりということで、ドイツ国内も沸いてるんでしょうね。

男子は、今年もまたジョコビッチが今年も大活躍、そして女子は新しい新勢力が台頭する、という今シーズンを予見させる対照的な結果で終わった全豪オープンテニス2016ですが、果たして今シーズンはその通りになるんでしょうかね。楽しみな一年ですね。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、ジョコビッチにストレート負けで5連敗 の記事
・錦織圭、ツォンガをストレートで破りベスト8。ジョコビッチ の記事
・錦織圭、ガルシアロペスに勝利して因縁のツォンガとの4回戦へ の記事
・錦織圭、元ルームメートのオースティン・クライチェクに完勝で3回戦へ の記事
・錦織圭、ハイセンスアリーナでコール・シュライバーをストレートで破り快勝 の記事
・メルボルンタワーズ、錦織圭選手の全豪オープンメルボルンの宿舎はもちろん五つ星 の記事


posted by テニスおやじ at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

錦織圭、ジョコビッチにストレート負けで5連敗

全豪オープンテニス2016、第9日目、錦織圭選手の準々決勝、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)戦が行われました。

錦織圭選手にとっては、今大会初めてのロッドレーバーアリーナ、そしてナイトセッションということで、ここまでの4試合とはまた違った雰囲気の試合になりました。

このジョコビッチにもし勝ったとしても、次はフェデラー、そして、決勝ならマレーあたりが出てくるという、もうここからの試合は全力を出し切らないと勝てない異次元の対戦相手ばかり。

まず乗り越えるべきは、このジョコビッチです。しかし、ジョコビッチ、やはり次元が違いました。

☓ 錦織圭 VS ノバク・ジョコビッチ 〇 セットカウント0−3(3−6、2−6、4−6)

この試合、いつかはゾーン状態に入る時間があるだろうとも思えましたが、結局、ジョコビッチにほぼ試合運びを握られてストレート負けです。ジョコビッチも弱気になる場面もありましたが、その好機を捕まえきることができませんでした。

しかし、錦織圭、ベスト8まで勝ち上がってきただけでも立派なもん。今回の全豪も錦織圭選手の活躍で楽しませてもらいました。これからの錦織圭選手の成長を期待しましょう。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、ツォンガをストレートで破りベスト8。ジョコビッチ の記事
・錦織圭、ガルシアロペスに勝利して因縁のツォンガとの4回戦へ の記事
・錦織圭、元ルームメートのオースティン・クライチェクに完勝で3回戦へ の記事
・錦織圭、ハイセンスアリーナでコール・シュライバーをストレートで破り快勝 の記事
・メルボルンタワーズ、錦織圭選手の全豪オープンメルボルンの宿舎はもちろん五つ星 の記事


posted by テニスおやじ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする