スポンサードリンク

2014年11月30日

クルム伊達公子とタナスガーンの会話??

先日、豊田市で行われていた男女共催のダンロップスリクソンワールドチャレンジ2014。女子シングルスの準決勝戦にはベテランのクルム伊達公子選手と、タイのこれまたベテラン選手、タマリネ・タナスガーン選手の2人が準決勝まで進出していました。 

この2人といえば、クルム伊達公子が現役復帰後、幾多の名勝負を重ねてきました。現在、クルム伊達公子選手が44歳、タマリネ・タナスガーン選手が37歳でタナスガーン選手が伊達公子選手より7歳も年下ということになりますが、いずれにせよ両選手ともに年齢から考えると超ベテラン選手。

そんな両ベテラン女子選手が、試合前の練習を、お隣のコートで違う相手と朝から行っていました。この日の準決勝では対戦相手に伊達公子選手、タナスガーン選手の両選手がともに勝てば女子シングルスの決勝の対戦がまたこの二人ということで、練習時から期待感をもって見守っていました。

しかし、この日の結果はクルム伊達公子選手が練習時からしきりに気にしていた腹筋の故障で1セット終了時にリタイア。タナスガーン選手がダブルスプレイヤーとしては一流の青山修子選手にストレート負けで、二人の決勝戦とはなりませんでした。

タナスガーン選手と伊達公子選手の会話写真.JPG  写真は2人が隣のコートで練習中に、タナスガーン選手がクルム伊達公子選手のそばにやってきて会話をしている時のもの。

「公子、この大会もよく頑張ってるわね」「お互い様よ、タミーも相変わらずね」「2人で決勝まで行って、また戦いましょう」なんて会話が2人の間で交わされていたかどうかはわかりませんが、こうしたベテラン選手がいつまでも大会に出て、第一線で活躍している姿を見ると我々のような年代の人間は勇気をもらえますね。

また来年もこの2人の元気に活躍する姿を見ることができるでしょうが、まだまだ5年くらいはバリバリの現役で頑張ってほしいですね。来年以降も2人の動静を見てきたいと思います。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

ジョコビッチ、ATPツアーファイナル、戦わずして優勝。錦織圭があの時、勝っていたら...

今シーズンの男子ATPツアーの最後を締めくくるATPツアーファイナル決勝戦。

今年の世界チャンピオンを決めたノバク・ジョコビッチ(セルビア)とロジャー・フェデラー(スイス)の本命同士の組み合わせとなりました。

が、しかし、試合直前にロジャー・フェデラーが腰の故障を理由に棄権を申し入れたため、ノバク・ジョコビッチが不戦勝で勝利、そのまま、ATPツアーファイナルの覇者となりました。

前日の準決勝戦で同国対決をワウリンカと行い、3時間近い熱戦を制したフェデラー。その翌日にジョコビッチと試合を行うにはもう力が残っていなかったようです。

ということは、準決勝戦であのまま、錦織圭選手がジョコビッチを押し切っていれば、決勝戦を戦わずしてATPツアーファイナル優勝、となっていたはず、なんて想像もしちゃったのですが、それにしても残念。やはり勝てる試合は勝っておかないといけませんね。重ね重ねいいますが、もったいない錦織圭選手のジョコビッチとの準決勝戦でした。

錦織圭選手、今年のツアーはこれで終わりですが、今週は日本に戻り有明コロシアムでアンドレ・アガシとのエキシビション。これは見に行けないけど面白うそうだな。来年の正月のとんねるずの番組でも、錦織圭、アガシ、松岡修造あたりが一緒にテレビに出てきそうですね。まあ、錦織圭選手のオフシーズンのテレビ出演がかなり多くなりそうです。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、ATPツアーファイナルでジョコビッチに敗れる...惜しかった の記事
・錦織圭の対戦相手がフェレールに急きょ変更するも逆転勝ちで準決勝へ−ATPツアーファイナル の記事
・錦織圭、フェデラーに完敗。コンディションは? の記事
・錦織圭、マレーに完勝。あっさりと勝ち切っちゃいましたね〜ATPツアーファイナル の記事
・今シーズン最終戦、ATPツアーファイナル。錦織圭選手の初戦はマレー戦 の記事
・錦織圭、フェレールの勝利して自力でツアーファイナル進出決定。次はジョコビッチ-BNPバリバマスターズ の記事


posted by テニスおやじ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

錦織圭、ATPツアーファイナルでジョコビッチに敗れる...惜しかった

錦織圭 ATPツアーファイナル.JPG 錦織圭選手のATPツアーファイナル2014の準決勝戦、テレビ朝日系列の地上波でも生放送でも生中継されていたので、見ていた方も多いはずです。

むちゃくちゃ惜しかった。錦織圭選手、残念ながら、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて決勝戦へ進出できませんでした。

☓錦織圭VSノバク・ジョコビッチ〇 セットカウント2−1(1−6、6−3、0−6)

1セット目を見ていたら錦織圭選手の勝利はないな、とてっきり思い込んでいました。それだけ1セット目のジョコビッチの調子が良すぎ、錦織圭選手も調子が上がってきてませんでした。

このままずるずると負けてしまう、とだれもが思った2セット目。本来の錦織圭選手の調子を取り戻し、錦織圭選手が調子を上げセットを取りました。

このまま、絶対、行けると思いましたが、3セット目、錦織圭選手が突如崩れだし1ゲームもとることができずセットを落としゲームセット。3セット目はまったく1ゲームも取れませんでしたが、それでも、2セット目のこの戦いを見ていたら錦織圭選手の今後の可能性を非常に感じさせる試合でした。

このATPツアーファイナル2014でジョコビッチからセットを取ったのは錦織圭一人です。ジョコビッチも来年以降の試合では錦織圭選手に対して、すごい苦手意識というか、警戒心が出てくるでしょうね。

今回のATPツアーファイナル、錦織圭選手には今年最後のこんなビッグイベントで、存分に感動を与えてもらいました。錦織圭選手、ありがとう。また、来年も頼みまっせ。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭の対戦相手がフェレールに急きょ変更するも逆転勝ちで準決勝へ−ATPツアーファイナル の記事
・錦織圭、フェデラーに完敗。コンディションは? の記事
・錦織圭、マレーに完勝。あっさりと勝ち切っちゃいましたね〜ATPツアーファイナル の記事
・今シーズン最終戦、ATPツアーファイナル。錦織圭選手の初戦はマレー戦 の記事
・錦織圭、フェレールの勝利して自力でツアーファイナル進出決定。次はジョコビッチ-BNPバリバマスターズ の記事


posted by テニスおやじ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

錦織圭の対戦相手がフェレールに急きょ変更するも逆転勝ちで準決勝へ−ATPツアーファイナル

ATPツアーファイナル2014、グループBの錦織圭選手にとっては準決勝がかかる第3戦目。

錦織圭VSダビド・フェレール戦が昨夜行われました。あれ、なんで、フェレール? と私も思いました。途中から観戦したのですが、なぜか、コートにはフェレールが。ニュースで読んだら、ラオニッチが太もものけがで直前に棄権したらしい。それにしても、補欠でちゃんと選手が待機しているんですね。

しかし、突然の選手変更で困惑するのは錦織圭選手。突然、出場が決まったダビド・フェレール(スペイン)にとっては、試合に臨むだけで捨てるものはありませんが、錦織圭選手にとってはいきなり対戦相手が変わるのは混乱するでしょう。

それが証拠に1セット目は先にフェレールのゲームをブレークしたにもかかわらず、その後自分のゲームを落として先にセットを落とします。その後、しり上がりに調子を上げ、結果、このBグループで通算2勝1敗とし、その後の試合でフェデラーがマレーを下したため、錦織圭選手が準決勝戦進出を果たしました。

すごいね。しかし、錦織圭選手の試合展開を見ると、昨日の試合でも調子的にすごくいい、という感じでもなかったですね。準決勝戦までどれほどコンディションを上げてこれるかな? 次の準決勝戦の対戦相手は世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手が来る可能性が非常に高いですが、だれが来ても、面白い試合になりそうですね。楽しみにいたしましょう。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、フェデラーに完敗。コンディションは? の記事
・錦織圭、マレーに完勝。あっさりと勝ち切っちゃいましたね〜ATPツアーファイナル の記事
・今シーズン最終戦、ATPツアーファイナル。錦織圭選手の初戦はマレー戦 の記事
・錦織圭、フェレールの勝利して自力でツアーファイナル進出決定。次はジョコビッチ-BNPバリバマスターズ の記事
posted by テニスおやじ at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

錦織圭、フェデラーに完敗。コンディションは?

男子ツアー最終戦、ATPツアーファイナル2014。錦織圭選手にとっては2戦目ロジャー・フェデラー(スイス)が昨夜の深夜行われました。

前回の対戦では錦織圭選手が勝利、このATPツアーも錦織圭選手に期待がかかっていました。その試合、

☓錦織圭VSロジャー・フェデラー〇 セットカウント0−2(3−6、2−6)

結局、錦織圭選手がストレート負けの完敗でした。第1セットの第3ゲーム、フェデラー選手のサービスゲーム時に、錦織圭選手にもブレークのチャンスがあり、結構競っていましたが、結局、フェデラーにキープされてしまいました。あの場面がこの試合を決定づけてしまったように思います。

昨夜の錦織圭選手はそれにすごくたんぱくな試合展開で、ミスも多かったですね。フェデラーがそうさせたのか、それとも右腕を故障している錦織圭選手のコンディションのためなのか、わかりませんが、ミスも多かったです。

次戦のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)戦はどうなるのか、わかりませんが、次に勝たなければ、
準決勝戦、進出は? です。アジア人初のATPツアーファイナル出場者となった錦織圭選手。次は4勝1敗と勝ち越しているラオニッチ選手ですので、ここは絶対に勝利してもらわないとね。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、マレーに完勝。あっさりと勝ち切っちゃいましたね〜ATPツアーファイナル の記事
・今シーズン最終戦、ATPツアーファイナル。錦織圭選手の初戦はマレー戦 の記事
・錦織圭、フェレールの勝利して自力でツアーファイナル進出決定。次はジョコビッチ-BNPバリバマスターズ の記事
posted by テニスおやじ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする