スポンサードリンク

2015年03月02日

錦織圭、インフルエンザ後にATP500大会メキシコ・オープンで準優勝。世界ランキング4位に

錦織圭選手が昨日まで行われていたATP500大会、メキシコ・オープン(メキシコ・アカプルコ)で決勝s年まで勝ち残り、決勝戦ではこのところ、5連勝していたダビド・フェレール(スペイン)に敗れ、残念ながら準優勝。メンフィス・オープンに続くツアー大会2連勝を逃しました。

☓ 錦織圭VSダビド・フェレール 〇 セットカウント0−2(3−6、5−7)

このところフェレールには完勝していた試合が多かったので、この決勝戦でも楽勝でいける、と確信していましたが、試合が始まると簡単なミスが多くて、あれ、調子悪いな、どうしちゃったの? と感じていました。

今回は敗れても決勝戦まで進出で世界ランキング4位以上が確定していましたので、敗れても大して今後の影響はなかったですが、ここはいつもの調子で勝利してもらいたかったところ。

ところが、ニュースで後から、前回メンフィスで優勝した後、インフルエンザにかかり、十分な練習が積めずにいたとのことで、それでも今回は準優勝。そう考えると、やっぱり錦織圭選手、地力がついてきたと実感せざる得ませんね。

今週末はデビスカップのカナダ戦がカナダで行われます。前回はラオニッチの欠場とホームでの戦いとあって、日本はカナダに勝利しましたが、今回はアウェイに加えてラオニッチも出てくる予定ですので、かなりタフな試合になると思われます。ぜひとも錦織圭選手にはシングルス2連勝、そして日本が勝利してほしいですね。応援したいと思います。人気ブログランキングへ>>>



posted by テニスおやじ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする