スポンサードリンク

2015年08月30日

錦織圭、ベノワ・ペールとの1回戦。ケン・マツダ氏を迎えてコンディショニングも万全の体制

全米オープンテニス2015がいよいよ始まります。

今回は日本人選手のシングルス本戦入りは、男子がストレートインの錦織圭、予選上がりの西岡良仁の2人。女子が本戦ストレートインの奈良くるみ、土井美咲、そして予選上がりの日比万葉の3人。

予選を勝ち上がってきた西岡良仁、日比万葉の2人は怖いものは何もないんで、がむしゃらにぶつかってほしいですね。特に日比万葉に関しては4大大会初出場。思い切りぶつかっていってほしいです。

日本人の期待を一身に集める昨年準優勝の錦織圭選手ですが、自身、今回の大会は100パーセントの状態で臨めるということを言っているのでかなり期待できます。そのうえ、今回は特別にマイケル・チャンの現役時代も支えたという神の手を持つといわれる名トレーナー、ケン・マツダ氏を初めて帯同しているということで、コンディショニングも完全に維持すべく、最後までけがなく戦える体制をしっかりと整えています。

そんな錦織圭選手の1回戦の対戦相手はベノワ・ペール(フランス)(8月24日付ランキング41位)。過去の対戦は錦織圭選手が2戦2勝。今の錦織圭選手の状態なら、楽に勝てる相手でしょう。

錦織圭選手、初日の1回戦に登場します。気楽に見ていられそうな錦織圭選手の全米オープンテニス20151回戦ですね。人気ブログランキングへ>>>
posted by テニスおやじ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 全米(US)オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

ラオニチ、楽天ジャパンオープン2015欠場。錦織圭連覇かな

楽天ジャパンオープンテニス2015の出場選手が発表されました。

2014、そして2012にも優勝している日本のエース・錦織圭選手が出場するのは当然のこと、今年の全仏チャンピオン、スタニスラス・ワウリンカ(スイス)、昨年の全米オープン覇者マリン・チリッチ(クロアチア)、錦織圭の天敵、リシャール・ガスケ(フランス)など、そうそうたるメンバーが出場予定です。

しかしながら、楽天ジャパンオープンテニス2015出場選手リストの中に、3年連続シングルス準優勝を飾っているカナダのミロッシュ・ラオニチ(カナダ)の名前がない。

ラオニチ、今年は足の故障で全仏オープンを欠場してますから体調を気遣って出ないのか、それとも3年連続準優勝でうんざりして、同じ期間に中国で行われるATP500大会でも賞金の高いチャイナ・オープンに回ったのか、そのあたりはよくわかりません。

いずれにせよ、このジャパンオープンでの錦織圭VSミロシュ・ラオニチの対戦というのは毎回、フルセットに持ち込まれる大熱戦。それだけに名勝負が見られないのは残念なところですね。

ライバルとしてスタニスラス・ワウリンカがいますが、昨年も1回戦で日本の伊藤竜馬選手に負けていますし、これくらいの大会になるとかなり手を抜く傾向があるので、今年の楽天ジャパンオープン2015、故障さえなければ錦織圭選手が順当に行きそうな気配ですね。どうなるか、始まらないとわからないけどね。

いずれにしせよ、その前に、錦織圭選手には全米オープンテニス2015をがんばってもらわないとね。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

全米オープンテニス2015、錦織圭選手が第4シードというのに地上波テレビ中継はまだ決まらないのか?

錦織圭選手が昨年、男子シングルス決勝戦まで進み、今年の2015年も注目される、今年最後の4大大会全米オープンテニス。

その全米オープンテニス2015、昨年はあれだけ錦織圭選手が勝ち進んだにもかかわらず、地上波テレビ局での放送は全くありませんでした。

日本注目の錦織圭選手ですが、この全米オープンテニス2015は日本人として過去最高の第4シードで臨むことが確実になりました。第4シードということは準決勝になるまでは上位選手と当たることがないため、前半戦の試合を非常に優位に進めることができるため上位進出が濃厚となります。

と、ここまで注目度の高い全米オープンテニス2015ですが、地上波での放送はいまだにあるのか、どうか発表されてませんね。過去に全米オープンテニスを中継していたTBSかNHKが必ずや放送してくれると思いますが、放送決定なら早めに発表してもらいたいものですが、あまりに遅いです。

いよいよ、開幕まであと1週間に迫った全米オープンテニス2015ですが、果たしてTBSが再度、中継するのか、それともどこもやらないので国民の声に押されて、NHKが中継してくれるのか。いずれにしても早く決めてください、お願いします。やきもきさせてくれますね、本当に....。人気ブログランキングへ>>>
posted by テニスおやじ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 全米(US)オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

錦織圭、マレーに完敗。やっぱり、故障が....

ロジャーズ・カップ2015(カナダ・モントリオール)準決勝戦、錦織圭VSアンディ・マレー(英国)の試合が行われました。

前日に、8回目の対戦で初めてラファエル・ナダル(スペイン)を破り大金星を挙げた錦織圭選手。ここまで来たら、最後まで突っ走るかと思われました。ところが、準決勝のマンディ・マレー完敗でした。

☓ 錦織圭 VS アンディ・マレー 0−2(3−6、0−6)

1セット目こそ、ブレーク合戦の様相を呈した試合でなかなか見どころが多い試合でしたが2セット目は完敗。というより、2セット目の錦織圭選手の様子が明らかにおかしかったです。脚の運び方といい、マレーに厳しいボールを打たれた時のあきらめ方といい、明らかに錦織圭選手の足に何らかの故障があったに違いない歩き方。

正直、前回のシティ・オープン優勝から今回のロジャーズ・カップ準決勝戦まで、試合に出すぎ。ここらあたりでまた故障が出ないかと心配していましたが、やっぱり出ちゃったか。

一方のアンディ・マレーは錦織圭選手が優勝したシティ・オープンでは見事1試合目に負けて、今回は好調。やっぱりめりはりつけて試合をしていかないとテニスは難しいね。

錦織圭選手の足の具合が、深刻でないことを願います。全米までに復調して、昨年同様の活躍してくれれば幸いなのですが....。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、イズナーを破ってシティ・オープン優勝。マレーのような戦略もありでは の記事


posted by テニスおやじ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

錦織圭、イズナーを破ってシティ・オープン優勝。マレーのような戦略もありでは

錦織圭選手がウィンブルドン選手権で棄権して以来の復帰戦となるシティ・オープン(アメリカ・シンシナティー)2015決勝戦で見事、ビッグサーバー、ジョン・イズナー(アメリカ)を攻略して優勝を果たしました。

〇錦織圭 VS ジョン・イズナー セットカウント 2−1(4−6、6−4、6−4)

身長205センチと長身から繰り出される高速サーブに最初は手を焼いていましたが、徐々に攻略。1セット目を取られながらもお得意の逆転勝ちで、見事優勝、このシティ・オープンでも初優勝で、ATPツアー通算10勝目です。

USオープンの前哨戦の一試合でもあるこの大会ですが、準決勝戦では、昨年の全米オープン2014の決勝戦で敗れたマリン・チリッチ(クロアチア)を破ったりと収穫が多い大会でした。

あとはマスターズ大会、ロジャーズ・カップ、ウエスタン&サザン・オープン2試合を挟んで、本番の全米オープンテニス2015に突入しますが、このシティ・オープンで優勝したので、後二つは無理しないで早期に負けちゃうのも戦略じゃないかな。

今回、シティ・オープンにアンディ・マレー(英国)も出場していましたが、1回戦で早々に敗戦しましたが、グランドスラムで優勝を念頭に置いて戦うなら、錦織圭選手にはいつでも、何でもかんでもがむしゃらではなく、マレー選手のように無理しない戦略も考えてほしいですね。女子のセリーナ・ウィリアムズも4大大会重視で、ここまで通算21勝ものグランドスラム優勝を積み上げてきてますからね。

全米オープン前にまた故障では、元も子もなくなっちゃいます。昨年は、足の指の故障で長らく休養後の全米オープンで好成績を残せたわけですから。人気ブログランキングへ>>>



posted by テニスおやじ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする