スポンサードリンク

2016年01月24日

錦織圭、ツォンガをストレートで破りベスト8。ジョコビッチ

全豪オープンテニス2016、第7日目。日本時間午前9時から錦織圭選手の男子シングルス4回戦がハイセンスアリーナで行われました。

4回戦の相手は、錦織圭選手と何度も激闘を重ねている、フランスのジョー=ウィルフリード・ツォンガ。これまでの対戦成績は錦織圭の4勝2敗。錦織圭選手が4勝している試合はすべてフルセットでの勝利です。今回の全豪オープンテニス2015の4回戦も、フルセットか、と思われましたが、意外と淡白な結果になりました。

〇 錦織圭 VS ジョー=ウィルフリード・ツォンガ ☓ セットカウント3−0(6−2,6−4,6−2)

第1セットの第3ゲームにいきなりツォンガのゲームをブレークし、第8ゲームには0-40からゲームをブレークされる場面もありましたが、その後は難なくゲームを展開して、ストレートでツォンガを破りました。

この第4回戦、錦織圭選手がストレートで勝ったというのは、体力も温存でき、次の準々決勝戦にいい状態で臨めるということで非常にいい感じで勝ち上がりました。

そしてその全豪オープンテニス2015、錦織圭選手の準々決勝の対戦相手は、なんと昨年の世界チャンピオン、ノバク・ジョコビッチ。ジョコビッチとの対戦は2勝5敗と負け越しており、ここのところ4連敗しています。非常にタフな試合にはなるでしょう。

まあ、錦織圭選手にとっていい要素とあげるとすれば、ジョコビッチは今日のジル・シモンとの試合はフルセットを戦っており、かなり体力を消耗しているということくらいではないでしょうか。

しかし、そう簡単に負けるジョコビッチではないので、錦織圭選手のコンディションが万全であることだけ祈っておうえんしたいですね。

今日は相撲でも琴奨菊が10年ぶりに、日本人として大相撲で優勝を飾るといういいこともあったので、これに縁起を担いで、錦織圭選手にも快挙を成し遂げてほしいですね。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、ガルシアロペスに勝利して因縁のツォンガとの4回戦へ の記事
・錦織圭、元ルームメートのオースティン・クライチェクに完勝で3回戦へ の記事
・錦織圭、ハイセンスアリーナでコール・シュライバーをストレートで破り快勝 の記事
・メルボルンタワーズ、錦織圭選手の全豪オープンメルボルンの宿舎はもちろん五つ星 の記事


posted by テニスおやじ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする