スポンサードリンク

2008年08月26日

錦織圭、全米オープンテニスで4大大会初勝利

錦織圭が全米オープンテニスの本戦に初登場。全米オープンの初戦は、快勝で4大大会初勝利。

日本の錦織圭選手が、今季最終4大大会の全米(US)オープンテニスの場に初登場しました。全米オープン初出場となった第1試合の対戦相手は第29シードの格上のフアン・モナコ(アルゼンチン)。

このウィンブルドン選手権につづく4大大会では2度目の試合となった錦織圭VSフアン・モナコ(アルゼンチン)の試合はセットカウント3−1(6−2、6−2、5−7、6−2)で錦織圭が4大大会初勝利となりました。

この日の錦織圭、第3セットに太ももを痛めてメディカルタイムアウトをとるという故障にも見まわれ第3セットを落としたものの、調子よく4セットもとって快勝しました。すべてとったセットは6−2とスコアを見てもいい調子での勝利ですね。

ただ、錦織圭、心配なのは故障。グラスコートのアルトワ選手権、そしてウィンブルドン選手権では持病の腹筋、そして北京オリンピックでは確か背中の不調を訴えメディカルタイムアウトを取っています。今回の全米オープンテニス1回戦でも今度は、錦織圭、太ももの不調ということで、あちこちに故障を抱えているようですね。

この全米オープンの第1試合も5セットマッチとロングランのゲームになるのですが、最後、錦織圭選手、両足がけいれんを起こしたそうです。次の試合、大丈夫?

全米オープンテニス2008、2回戦の錦織圭はロコ・カラヌシッチ(クロアチア)との対戦。ATPランキング100位前後の選手ですから錦織圭の体調が万全なら2回戦突破の確率は非常に高いのですが、楽勝と行きたいところですね。人気ブログランキングへ>>>
posted by テニスおやじ at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 全米(US)オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。