スポンサードリンク

2008年09月09日

ロジャー・フェデラー全米優勝、完全復活

フェデラーが全米オープンテニス優勝。USオープンテニス5連覇を成し遂げるとともにグランドスラム今季最終戦にて復活。

全米オープンテニス最終日、男子シングルスの決勝戦。今年の全仏オープン、ウィンブルドン選手権の覇者で世界ランキングナンバー1を準決勝で破ったアンディ・マレー(イギリス)と、全米オープンテニスでは主ともいえる4連覇中のロジャー・フェデラー(スイス)の一戦が行われました。

日本時間では朝早くからの全米オープンテニスの決勝戦でしたので、全米オープンのオフィシャルサイトをちら見しながら、試合経過を見ていましたが、あっけない早いゲーム展開の試合でした。

ロジャー・フェデラーVSアンディ・マレーの一戦。スコアはストレートのセットカウント3−0(6−2、7−5、6−2)でロジャー・フェデラーがアンディ・マレーに圧勝し完璧に近い試合で勝利しました。

これでロジャー・フェデラーはこの全米オープンテニス5連覇という偉業を成し遂げるとともに、今年に入って一勝もできていなかったグランドスラム大会を、今季最終戦にしてもぎ取り、フェデラー復活を強く印象付けました。

フェデラーほど、グランドスラム大会優勝が似合うテニスプレイヤーは他にはいないと昨年までは思っていたのですが、今年にはいって調子を落とし、スランプが続いていましたが、ここにきてやっとフェデラーが全米オープンで優勝。

準決勝でマレーがナダルを破ってくれたことも、このフェデラーの全米オープンテニス2008優勝におおいに寄与してくれたとは思いますが、連覇中の大会を守って全米オープン5連覇するってこともすごいですね。

来年はぜひともウィンブルドンでのタイトルを取り換えすことも期待できますね。フェデラー全米オープンテニス優勝、5連覇おめでとう。人気ブログランキングへ>>>
posted by テニスおやじ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 全米(US)オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。