スポンサードリンク

2011年10月10日

アンディ・マレー、ナダルを破って楽天ジャパンオープン初優勝。ダブルスも勝ってダブル優勝

楽天ジャパンオープンテニス2011の男子シングルス決勝戦が、有明コロシアムで9日行われました。

予想通りというか、ランキング通りにアンディ・マレー(イギリス)とラファエル・ナダル(スペイン)の2人が、順調に勝ち上がってきました。

アンディ・マレーは前週行われたタイランドオープン2011で見事優勝。続く楽天ジャパンオープンに、前週の調子の良さを持続させながらの出場。ラファエル・ナダルの調子はどうなのか、ここはよく分かりません。

ということで、アンディ・マレーVSラファエル・ナダルの試合、セットカウント2−1(3−6、6−2、6−0)とフルセットながら2、3セット目は完勝でナダルを下し、楽天ジャパンオープンテニス初優勝です。

そしてその後行われたダブルスの決勝戦。この試合にもアンディ・マレーはお兄さんのジェイミー・マレーと組んで出場。アンディ・マレー、ジェイミー・マレー組VSフランティシェク・チェルマク(チェコ共和国)、 フリップ・ポラセック(スロバキア)組の試合、ストレートのセットカウント2−0(6−1、6−4)で完勝です。

シングルスでも強ければダブルスでも強い。このあたりはボレーのうまいアンディ・マレーらしさが出ていると思いますが、それにしてもシングルスとダブルスの2冠達成。ジャパンオープンテニスの長い歴史の中で、シングルスとダブルス両方優勝した選手は1991年のステファン・エドバーグ(スウェーデン)以来ということですが、すごい昔って感じがしますね。

今年はアンディ・マレーの活躍、そしてランキング通りにナダルとマレーが決勝に残って大いに盛りあがった楽天ジャパンオープンテニス。来年は10月1日から7日までの日程となりますが、来年こそは決勝に日本人選手が残っているような大会になるといいんだけどね。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、伊藤竜馬の純正日本ペア敗れて日本人は消えた の記事
・伊藤竜馬、バーナード・トミックにフルセットで敗れる。惜しかった  の記事
・伊藤竜馬選手が一人勝ち上がった1回戦。楽天ジャパンオープンテニス2011 の記事



posted by テニスおやじ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック