スポンサードリンク

2012年07月09日

ロジャー・フェデラー、ウィンブルドン7度目の優勝。マレーは初優勝逃す

テニスのウィンブルドン選手権2012最終日、ロジャー・フェデラー(スイス)とアンディ・マレー(英国)の一戦が行われました。

ロジャー・フェデラーが勝利すれば、このウィンブルドン選手権、7度目の優勝。そして世界ランキング1位への復帰が決まります。同時にウィンブルドン選手権で最多の男子シングルス7度目の優勝も決まり、これはピート・サンプラスの記録と並び、同時に世界ランキング1位に在籍286週間の記録にも並ぶという快挙を達成することになります。

一方のアンディ・マレーが勝利すれば、英国人としてはフレッド・ペリー以来になる76年ぶりの英国人としての優勝。なので、ウィンブルドンは沸いてましたね。

途中まで見ていたのですが、2セット目の終了後、雨による中断で試合が伸びてしまって、最後まで見ることができなかったのです。朝になってニュースを見たら、結局、フェデラーが逆転勝利。1セット目はマレーが取って、「今日はマレーのペースだな」と思いましたが、やはりフェデラーは強かった。

結局、ロジャー・フェデラーVSアンディ・マレー、セットカウント3−1(4−6、7−5、6−3、6−4)でのフェデラーの逆転勝利でした。ロジャー・フェデラー、30歳になりましたが、まだまだいける感じですね。今回は早々とナダルが負けてくれたのも非常にラッキーでした。

一方、マレーの方はいわゆるビッグ4の一角ですが、なかなかグランドスラムでは優勝できないですね。今年はイワン・レンドル氏をコーチに迎えメンタル面でもかなり向上してきたのですが、まだまだフェデラーには芝で勝つには何かが足りないようです。しかし、レンドルのコーチングもはじめは懐疑的でしたが、なかなかうまくいっているようですね。

これで、ウィンブルドン選手権2012の日程はすべて終了。しかし、今年は約ひと月後に再び、このオールイングランドテニスクラブでロンドンオリンピックのテニス競技が行われます。よく考えたら、この大会で芝がかなり荒れているんだけど、ひと月でどうやってメンテナンスするのかわかりませんが、再びこの場で熱い戦いが行われるのは非常に楽しみです。日本勢の活躍も期待したいですね。人気ブログランキングへ>>>

・セリーナ・ウィリアムズ5度目の優勝。ラドワンスカ、惜しかった の記事
・フェデラーがジョコビッチ破り決勝戦へ。マレーとの決勝 の記事
・ウィルソンレザー(天然皮革)ラケットバッグ。錦織圭もデルポトロも使ってた...高級感あるな の記事
・イワン・レンドル氏がマレーのコーチに就任して勝てるのか? の記事




posted by テニスおやじ at 06:18| Comment(0) | TrackBack(1) | ウィンブルドンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/279824723

この記事へのトラックバック

ウィンブルドン:フェデラー7度目V…史上最多タイ ウィンブルドン現象はまだまだ健在
Excerpt: お酒好きの私は 若いとはいえ、 軽井沢での 友人たちとの テニスで、ビール 果てはワインまで 飲むような無茶を していましたけど。 やはり飲酒運転では なくて飲酒テニスは 控え..
Weblog: 自分なりの判断のご紹介
Tracked: 2012-07-09 19:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。