スポンサードリンク

2012年10月06日

錦織圭決勝進出。決勝戦は強敵ラオニッチ

楽天ジャパンオープンテニス2012、準決勝戦。日本期待の錦織圭選手は過去3回対戦して3度とも敗れているマルコス・バグダティス(キプロス)と対戦しました。

戦前、バグダティスに勝てるかな? と思ってましたが、試合が終わってみればけっこう錦織圭選手のワンサイドゲームだったようですね。錦織圭VSマルコス・バグダティス、セットカウント2−0(6−2、6−2)で錦織圭選手がストレート勝ち。

この試合見ようと思いましたが、あまりに試合が早く終わって、家に帰ったらもうすでに試合終了してました。残念。

しかし、この試合前に行われたもう1試合のミロス・ラオニッチとマレーの試合は見れたんだけど、あのラオニッチのサービスはなかなか強烈、しかも、結構前に出てネットプレーもやってくるので、明日の錦織圭VSミロス・ラオニッチの試合、錦織圭選手にとってはかなり厳しい試合になりそうですね。ただ、マレーとじゃなくてよかったかもね。

ここで錦織圭選手がもし勝てば、ATPツアー2度目の優勝、そしてあの感動の2008年のデルレイビーチ国際選手権で、ジェームス・ブレークを破って初優勝を果たしてから4年ぶりの優勝になります。

昨日のあのラオニッチの試合ぶりを見ていると、錦織圭選手、非常に厳しい試合となりそうですが、ホームの日本で優勝を飾れば、これこそドラマチック。錦織圭選手の調子もかなりいいと見ましたが、錦織圭選手、頑張れ。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、得意のベルディフ相手にいい勝ち方。バグダディスは難敵。楽天ジャパンオープンテニス の記事
・錦織圭、後半はロブレドを圧倒でベスト8。次は因縁のベルディフ。 の記事
・伊藤竜馬選手が一人勝ち上がった1回戦。楽天ジャパンオープンテニス2011 の記事
・錦織圭が添田豪との日本人対決を制す。伊藤竜馬も勝利。楽天ジャパンオープン2012 の記事
・添田豪が錦織圭に完勝。ツアー大会での日本人対決は添田が勝つ の記事
・錦織圭、ATPツアー初優勝、16年ぶりの快挙、予感が確信に変わるとき の記事

posted by テニスおやじ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296060817

この記事へのトラックバック

楽天ジャパンオープン2012 シングルス決勝−日本人が楽しむスポーツベッティング−
Excerpt: こんにちは。苦麻古露師ヒロです。錦織圭選手。堂々の決勝進出。 ツアー公式戦となった73年の第2回大会以降では日本男子初の準決勝進出ってことで、なんだか凄いらしい。テニ ...
Weblog: 日本人が楽しむスポーツベッティング
Tracked: 2012-10-06 21:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。