スポンサードリンク

2013年07月15日

ジミー・コナーズがシャラポワの新コーチに就任。マレーとレンドルのようにうまくいくかも

ジミー・コナーズといえば、アメリカテニスのもっともはなやかなりしころ、悪童ジョン・マッケンローとともに名勝負を演じた選手。ジミー・コナーズの世界ランキング連続在位記録はロジャー・フェデラーに次ぐ第2位。地元のグランドスラム、全米オープンテニスでもなんと5回の優勝を誇る超名選手です。

ジミー・コナーズ、かつては同じく アメリカの選手、アンディ・ロディックのコーチも務めていましたが、今度は新たにマリア・シャラポワの新コーチに就任することが決まりました。

マリア・シャラポワですが、昨年の全仏オープンテニス2012で優勝を果たすものの、戦績はいまいちぱっとしませんね。予想外の早期敗退や、難敵セリーナ・ウィリアムズをなかなか攻略できない、などといったことがあり、やはり早期に戦略を変えるためにも新たにジミー・コナーズコーチのもとでやっていった方が勝利に近づくという判断になったんでしょう。

往年の名選手でコーチといえば、現在、アンディ・マレーについているのがイワン・レンドル。イワン・レンドルも現役時代に一時代を築いた選手ですが、昨年、アンディ・マレーのコーチに就任後、すぐにマレーはロンドンオリンピックに優勝。そして続く全米オープンテニス2012、そして先日も母国でのウィンブルドン選手権を制するなど、イワン・レンドルコーチをつけた途端にコーチングの成果がすぐに出ています。

ジミー・コナーズといえば、かつてはフラット系のストロークで主体のベースライナーでしたが、シャラポワもスピン系のストロークであるものの、ベースラインプレイヤーなので、そのあたりはプレースタイルも同じ。シャラポワがジミー・コナーズをコーチにつけて、再びシャラポワがツアー大会やグランドスラム大会で勝ち始めれば、アンディ・マレーの例もあるように名選手=名コーチの証明にもなるはずです。

ジミー・コナーズのシャラポワのコーチ就任がいい方向に向かえば、シャラポワも人気があるだけに女子テニス界もまた盛り上がりそうですね。人気ブログランキングへ>>>

・アンディ・マレーが世界ランキング1位のジョコビッチを破って地元でウィンブルドン初優勝 の記事


posted by テニスおやじ at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 往年の名選手 男子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369293001

この記事へのトラックバック