スポンサードリンク

2014年10月26日

ヨネックス(YONEX)Vコア エスアイ(SI)100を試打。厚く握って打つとスピンがかかるわ 




ヨネックス(YONEX)の新しいテニスラケット、Vコア エスアイ(SI)100を試打してみました。10月上旬に発売されたばかりのラケットです。

ヨネックス VCORE Si100画像1.JPG  ヨネックス(YONEX)Vコア エスアイ 100 VCSI100、メーカー側の説明によると「「Bt HYBRID ストリンギングシステム」でストリングの可動域を効果的に広げ、打球時に縦・横ストリングがたわみボールをしっかりととらえて戻ることで、従来品よりも7%高いスピン性能を可能にしました」とのことです。

要するにスピンがかかりやすいということです。自分もこの試打用のラケットを実際打ってみました。300gとスペックがプラチナスペックで打ちやすく、反発力も手に感じることができなかなかいい感触の打ちごたえです。

さっそく、フォアをいつものセミウエスタンを若干だけウエスタン気味にして打ってみたら、ボールにスピンがよくかかるわ。スピンがかかっているから、相手側のコートにて手元でポーンと跳ねていかにも打ちにくそうでした。メーカーの、スピン性能を高めたというのもあながちウソじゃないですね。

Vコア エスアイ 100の取り扱いやすさですが、ストロークもボレーもそれほど重いラケットじゃなく、良好です。ただ、自分はちょっと重めのトップヘビーラケットを使っているので、多少、ヘッドが先に行ってしまうこともありましたが、普通のバランスのラケットを使っているプレイヤーなら、かなり打ちやすいラケットじゃないかと思います。

ヨネックス VCORE Si100画像2.JPG  このヨネックス(YONEX)Vコア エスアイ 100 VCSI100ですが、今はやりの装置、ソニーのSmart Tennis Sensor(スマートテニスセンサー)が取り付けられるようになっています。

このSmart Tennis Sensor、ラケットのグリップエンド部に取り付けることによって、スマートフォンと連動させることで、自分がボールを打った時の状態、例えば、あけっとフェースのどこでボールを打っているか、ボールの回転、速度など一目でわかるようになっていて、自分のテニスを可視化することで上達につなげられると評判です。この装置、20000円近くしますが、テニスマニアなら買っても損はないかな。

Smart Tennis Sensorを取り付けられるかどうかはともかく、このヨネックスVコア エスアイ 100、取り回しやすいラケットなので、新しいラケットを探している人は一度、試打してみるのもいいと思いますよ。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ラケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。