スポンサードリンク

2015年05月18日

錦織圭の天敵、ガスケのグリップエンドは野球のバットみたい

錦織圭の天敵といえば、フランスのぐりぐりスピンストロークで有名なリシャール・ガスケ。

2015年5月18日現在までの錦織圭VSリシャール・ガスケの対戦成績は5戦して錦織圭選手の0勝5敗。つまり今だに、錦織圭選手、ガスケ選手に1勝もしていません。取ったセット数もわずか1セットです。試合はハード4試合に、グラスコート1試合と、錦織圭選手の得意とするハードコートで完敗しています。

ジョコビッチ、フェデラー、マレー、といった並み居る強敵に勝利している錦織圭選手にしてみれば、いまだにガスケ選手に勝てていないのは意外と思えるかもしれませんが、これは事実。そのうち錦織圭選手がガスケ選手に勝てる日が来ることは確かですが、できれば、今度の全仏でガスケとは当たってほしくないですね。フレンチオープンで、ガスケと当たる前に、ガスケ選手が負けるのを祈るばかりです。

ところで、このガスケ選手のテニスラケットのグリップエンドですが、ちょっと変わっています。

ガスケのグリップエンド写真.jpg グリップエンドを極端に丸々にして、グリップが手の小指側の、ちょうど空手チョップをすると一番力が入る部分がよく引っかかるようにしています。

これはガスケ選手の得意なシングルバックハンドを打つ際、しっかりと振りぬいてぐりぐりのトップスピンががかかりやすいように、このような形状にしているらしいですが、確かにこの形状だとラケットがすっぽ抜けて行かないだろうし、悪くないアイデアですね。

個人的には、適度なグリップエンドのふくらみは欲しいところですが、ガスケ選手の野球のバットのような丸いグリップはやりすぎのような気がします。まあ、選手それぞれ、ラケットにいろいろな工夫を加えていて、テニスファンには興味深い話ですけどね。人気ブログランキングへ>>>

posted by テニスおやじ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419175915

この記事へのトラックバック