スポンサードリンク

2015年06月03日

錦織圭、ツォンガを追い詰めるもフルセットで敗戦、ベスト4ならず

全仏オープンテニス2015、男子準々決勝の錦織圭選手。地元フランスのジョーウィルフリード・ツォンガとの試合でした。

錦織圭選手、これまでジョーウィルフリード・ツォンガに対し、対戦成績4勝1敗と非常に相性がよく、お得意さんとしてきましたが、今回はクレーコートでは初の対戦となりました。

この試合、非常に風が強く、お互いの選手にとってやりづらそうな試合でした。錦織圭にとっても、序盤はなかなかボールがヒットせず、ミスも多い試合でした。

〇 錦織圭 VS ジョーウィルフリード・ツォンガ ☓ 2-3(1-6、4-6、6-4、6-3、3-6)

1セットは一度も自らのゲームをキープするころ\とさえできず2セット目も完全錦織圭ペース。ところが2セット目の8ゲームが終了した時点で、ディスプレー上の看板が風にあおられ落下するアクシデントで、お客さんが数人けがをしたこともあり、40分近くの試合の中断がありました。

ここで、錦織圭選手、コートへ一人出てラケットを振ったりして自問自答。その中断が効いたのか2セット目は落としたものの、3、4セットはさすがに錦織圭を思わせる素晴らしい展開で取り返し、フルセットに持ち込みました。

5セット目は、逆転勝利もありか、と思われましたが、最終セットはツォンガも復調を見せ、残念ながら万事休す。

1,2セット目を取られながらもフルセットまで持ち込んだのは立派な試合でしたが、結局、敗れ、錦織圭選手、初のベスト4はなりませんでした。残念無念です。

錦織圭選手のクレーシーズンはここで終了しましたが、次は芝のシーズン。ウィンブルドンはいかんせん、ビッグサーバーが最も得意とするサーフェスで錦織圭選手にとっては難しい試合となりますが、どうなることやら。次に期待したいです。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、ベスト8進出。準々決勝はツォンガ。圭の口から優勝の2文字 の記事
・錦織圭、全仏3回戦のベッカー戦、ラッキーな不戦勝。ついてるかも の記事
・錦織圭、トマス・ベルッチにストレート勝ちも苦戦。それでも最後はサービスエース の記事
・錦織圭全仏オープン、楽勝で1回戦を突破 の記事


posted by テニスおやじ at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 全仏オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック