スポンサードリンク

2015年10月14日

錦織圭、悪童キリオスと初対戦。ボコボコと行かないものの逆転勝ち

上海マスターズ2015、男子シングルス2回戦、錦織圭選手、オーストラリアの悪童、20歳のニック・キリオスと初対戦。

朝の情報番組で、オンコート、オフコートとマナーの悪いニック・キリオスに対して、元女子プロテニスプレイヤー、沢松奈生子さんが、「錦織圭選手にはキリオスをぼこぼこに倒してほしい」とおっしゃっていましたが、ボコボコとまでは行かないものの、見事、逆転勝ちで3回戦へ勝ち上がりました。

〇 錦織圭 VS ニック・キリオス 2−1(1−6、6−4,6−4)

1セット目はサーブが不調であっさり落としましたが、2、3セット目は順調にとって逆転勝ち。ネクストジェネレーションのキリオスに対して初対戦で勝利し、錦織圭強しをキリオスに印象付けました。終わった後の握手では意外や、キリオス、紳士的だったな。

錦織圭の3回戦の対戦相手は、お得意さま、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)。ここは楽にいけるでしょ。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭VSブノワ・ペール、楽天ジャパンオープン準決勝の行方は の記事
posted by テニスおやじ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427836542

この記事へのトラックバック