スポンサードリンク

2015年10月15日

錦織圭、アンダーソンに初めて敗れる、上海マスターズ2015。タイブレークは仕方ない

上海マスターズ2015、男子シングルス3回戦、錦織圭VSケビン・アンダーソン(南アフリカ)戦。

これまで錦織圭選手の2戦2勝とお得意にしてきたケビン・アンダーソン。今回も難なく錦織圭選手が勝ち上がると思ってましたが。

☓ 錦織圭 VS ケビン・アンダーソン ☓ 0−2(6−7、6−7)

1セット目はお互いキープキープ、2セット目はお互い1ブレークづつでのタイブレーク突入でしたが、さすがにタイブレークになると203センチの長身ビッグサーバー・アンダーソンが有利になるのはわかってますが、今日は錦織圭選手のレシーブも鳴りを潜めていたようですね。

錦織圭選手、次の出場予定大会はATP500、スイス・インドア選手権。1週間はあくので十分、体力を回復してもらいたいですね。

ケビン・アンダーソン選手、10月12日付のATPランキング10位。かなり実力のある選手で、これを取りこぼしというのは言い過ぎかもしれないですが、こういうところで負けないようにしないと、マスターズ大会のような大きな大会ではなかなか上には勝ちあがれないですね。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、悪童キリオスと初対戦。ボコボコと行かないものの逆転勝ち の記事
posted by テニスおやじ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427892947

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。