スポンサードリンク

2015年11月10日

内山靖崇、全日本選手権シングルス初優勝。ストローク力が進歩

今週、日曜日に行われたテニスの第90回全日本選手権で内山靖崇選手が、添田豪選手をストレートで破り、全日本選手権シングルスで初優勝を飾りました。

〇 内山靖崇 VS 添田豪 ☓ 2−0(7−6、6−4)

内山靖崇選手、今年の楽天ジャパンオープン2015でも、ワイルドカードで本戦出場し、チェコのイリ・ベセリと1回戦を戦った試合でもストレートで負けはしたものの、一時2セット目をリードし、成長した姿を見せていました。

もともとはサービスだけ見れば錦織圭選手よりも上という得意のサーブ。今回はストローク力のある添田豪にも負けないストローク力と得意のサーブで、6年ぶりの優勝を狙う添田豪選手に打ち勝っての優勝。

全く知りませんでしたが、内山靖崇選手、今年から練習拠点をクレー中心のスペインバルセロナに拠点を移して練習しているとのことで、その成果が徐々にあらわれてきたということですかね。

いままだダブルスのイメージしかなかった内山靖崇選手、これからもしかしたらシングルスでも頭角を現し、デビスカップのシングルスの試合でも活躍を見せてくれるかもしれません。期待できますね。人気ブログランキングへ>>>
ラベル:内山靖崇 添田豪
posted by テニスおやじ at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック