スポンサードリンク

2015年11月18日

錦織圭、ATPツアーファイナル2015、1次リーグ突破は限りなく低くなった

ATPツアーファイナル2015が英国・ロンドンのO2アリーナで始まりました。

予選ラウンドロビン初日の試合で錦織圭選手は、世界ランクナンバー1、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に完敗。

✕ 錦織圭 VS ノバク・ジョコビッチ 〇 0−2(1−6、1−6)

錦織圭選手、サービスの調子も悪く、あっけなく各セットとも1ゲームづつしかキープできない試合になってしまいました。相手のジョコビッチの調子の良さもあって一方的な試合展開デ非常に短い時間で終わってしまった感じです。

そんな錦織圭選手の、ATPツアーファイナル2015、予選ラウンドロビン第2試合のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)戦。最近の錦織圭選手は肝心なところでポイントが取り切れない不安定さがあり、この試合も負けるんじゃないか、との不安もよぎりました。が、錦織圭選手、序盤からポイントを重ね、2セット目は相手のトマーシュ・ベルディハから5連続でゲームを奪われるなどまずい場面もあったものの、結局、フルセットで錦織圭選手が勝利をもぎとりました。

〇 錦織圭 VS トマーシュ・ベルディハ ✕ 2−1(7−5、3−6、6−3)

もともと錦織圭選手にとっては相性の悪くない選手だったけど、ある程度、本来の実力を出し切れました。

次なる錦織圭選手の試合はロジャー・フェデラー戦。そのフェデラー、日本時間の今朝、行われたノバク・ジョコビッチ戦で、予想に反してストレートでジョコビッチを破って予選ラウンドロビンを2勝とし、準決勝進出を早々に決めました。

ジョコビッチがフェデラーに勝つことを前提に、錦織圭選手の準決勝進出を想像していただけにこれは誤算ですね。

次の試合、ノバク・ジョコビッチVSトマーシュ・ベルディハ戦でジョコビッチが敗れ、錦織圭選手がフェデラーに勝たない限り、錦織圭選手は第1試合でジョコビッチとの直接対決に負けているので、準決勝に勝ち上がる可能性はありません。

しかし、ジョコビッチVSベルディハの対戦成績は20勝2敗と大きくジョコビッチの勝ち越し。こりゃ、ジョコビッチに故障でもない限り、ベルディハは勝てないな。かなり厳しい状況です。

錦織圭選手のATPツアーファイナル2015、準決勝進出は非常に確率が低い話ですが、まあ、次の試合はフェデラー戦。錦織圭選手もかなり楽しみにしている試合だけに、こりゃ錦織圭選手が準決勝に勝ち上がれなくても、試合見るだけでも面白そう。次の試合は最後までしっかり観戦したいと思います。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 男子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429870213

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。