スポンサードリンク

2016年01月18日

錦織圭、ハイセンスアリーナでコール・シュライバーをストレートで破り快勝

全豪オープンテニス2016がいよいよ開幕しました。

今回、日本人は男子が錦織圭選手を筆頭に、ダニエル太郎、西岡良仁、伊藤竜馬、杉田祐一の5人。女子が日比野菜緒、奈良くるみ、土居美咲、大坂なおみの4人。今回は日本人選手、計9人とすごく楽しみな大会になりましたね。

そんな中、初日から日本のエース、錦織圭選手が早々に登場しました。錦織圭選手の試合、ハイセンスアリーナでの試合。このハイセンスアリーナはネーミングライツで中国の電機メーカーの名前が付けられたコートで、全豪オープンテニスの会場、メルボルンパークのなかでも収容人員が2番目に大きなコートです。それだけ、錦織圭選手のこの試合が注目されているということでしょう。

錦織圭選手の全豪オープンテニス2016の初戦の相手はドイツの世界ランキング34位ドイツのフィリップ・コールシュライバー。錦織圭選手にとっては初対戦の相手です。

この錦織圭VSフィリップ・コールシュライバー戦、第1セットこそお互いキープキープでしたが、やっと10ゲーム目でコール・シュライバーのゲームをブレークして第1セットを取り、その後は第2セット、第3セットを難なくとりきり勝利。

〇 錦織圭 VS フィリップ・コールシュライバー ☓セットカウント3−0(6−4、6−3、6−3)

錦織圭選手、長丁場のグランドスラム大会、第1試合を3セットで勝ちきって体力を温存して、第2試合を迎えることができますね。2回戦の相手はアメリカのサウスポー選手オースティン・クライチェック。世界ランキング103位の選手ですが、昨年は1度対戦していて錦織圭選手が勝っています。本来の力を出せば、錦織圭選手が快勝してくれるでしょう。次も期待しましょう。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432703734

この記事へのトラックバック