スポンサードリンク

2016年01月20日

錦織圭、元ルームメートのオースティン・クライチェクに完勝で3回戦へ

全豪オープンテニス2016、3日目、錦織圭選手はアメリカの25歳、世界ランク103位のオースティン・クライチェクと男子シングルス2回戦を戦いました。

テレビ観戦中、2人の練習中にクライチェクの居住地が表示されていたので、それを見たらなんとアメリカ・ブラデントン。あれと思って調べたらオースティン・クライチェクもやっぱりIMGの出身で、なんと錦織圭選手とは元ルームメイト。2人とも私生活やテニススタイルもよく知っている仲のようで、試合前にはやりにくい相手と語っていた錦織圭選手。

ところが試合が始まってみると錦織圭、ランキング通りに格の違いを見せつけました。錦織圭、第1セットの第4ゲームをブレークするとそのままするするわずか25分でセットをとりました。第2セットも第1ゲームをブレークしてそのままあっさりとセットを取ると思われましたが、セット後半第10ゲームをブレークされるもタイブレークを59分の激闘の末、取りました。

錦織圭選手、第3セットは第2ゲームをブレークしてからはするするとセットを取り、第2セットもたついたものの、結局、ネットプレーが得意というオースティン・クライチェクのネットプレーもなんとか封じ込めてほぼ完勝でストレート勝ち。本日の錦織圭選手のサービスエース、なんと13本でした。

〇 錦織圭 VS オースティン・クライチェク ☓ セットカウント 3−0(6−3、7−6、6−3)

日本人男子選手、オーストラリアンオープン2016では5人が出場した中、1回戦で錦織圭選手以外すべて敗退しましたので、錦織圭選手が男子最後の頼みの綱です。第3回戦では第26シード、ギレルモ・ガルシアロペス(スペイン)とダニエル・ブランズ(ドイツ)の勝者との試合になります。第4回戦ではツォンガとの可能性が高いので、3回戦もストレートでちゃちゃっと終わらせたいものですが、どうなることでしょうね。楽しみです。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、ハイセンスアリーナでコール・シュライバーをストレートで破り快勝 の記事
・メルボルンタワーズ、錦織圭選手の全豪オープンメルボルンの宿舎はもちろん五つ星 の記事


posted by テニスおやじ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432778927

この記事へのトラックバック