スポンサードリンク

2014年10月26日

ヨネックス(YONEX)Vコア エスアイ(SI)100を試打。厚く握って打つとスピンがかかるわ 




ヨネックス(YONEX)の新しいテニスラケット、Vコア エスアイ(SI)100を試打してみました。10月上旬に発売されたばかりのラケットです。

ヨネックス VCORE Si100画像1.JPG  ヨネックス(YONEX)Vコア エスアイ 100 VCSI100、メーカー側の説明によると「「Bt HYBRID ストリンギングシステム」でストリングの可動域を効果的に広げ、打球時に縦・横ストリングがたわみボールをしっかりととらえて戻ることで、従来品よりも7%高いスピン性能を可能にしました」とのことです。

要するにスピンがかかりやすいということです。自分もこの試打用のラケットを実際打ってみました。300gとスペックがプラチナスペックで打ちやすく、反発力も手に感じることができなかなかいい感触の打ちごたえです。

さっそく、フォアをいつものセミウエスタンを若干だけウエスタン気味にして打ってみたら、ボールにスピンがよくかかるわ。スピンがかかっているから、相手側のコートにて手元でポーンと跳ねていかにも打ちにくそうでした。メーカーの、スピン性能を高めたというのもあながちウソじゃないですね。

Vコア エスアイ 100の取り扱いやすさですが、ストロークもボレーもそれほど重いラケットじゃなく、良好です。ただ、自分はちょっと重めのトップヘビーラケットを使っているので、多少、ヘッドが先に行ってしまうこともありましたが、普通のバランスのラケットを使っているプレイヤーなら、かなり打ちやすいラケットじゃないかと思います。

ヨネックス VCORE Si100画像2.JPG  このヨネックス(YONEX)Vコア エスアイ 100 VCSI100ですが、今はやりの装置、ソニーのSmart Tennis Sensor(スマートテニスセンサー)が取り付けられるようになっています。

このSmart Tennis Sensor、ラケットのグリップエンド部に取り付けることによって、スマートフォンと連動させることで、自分がボールを打った時の状態、例えば、あけっとフェースのどこでボールを打っているか、ボールの回転、速度など一目でわかるようになっていて、自分のテニスを可視化することで上達につなげられると評判です。この装置、20000円近くしますが、テニスマニアなら買っても損はないかな。

Smart Tennis Sensorを取り付けられるかどうかはともかく、このヨネックスVコア エスアイ 100、取り回しやすいラケットなので、新しいラケットを探している人は一度、試打してみるのもいいと思いますよ。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ラケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

バボラピュアストライク、ベースライナーの中でもファストストライカーのためのラケットといわれてもピンとこない

世界的なストリングスメーカー、そしてラケットメーカーであるBabolat(バボラ)からこのたび発売されたBabolat(バボラ)ピュアストライク。

バボラピュアストライク店頭画像.JPG 重量等の違いで、現在のところ3種類のバボラピュアストライクが販売されています。

テニスのプレースタイルとしてはベースライナーのうちでも、ベースラインより後ろに下がってプレーするのをパンチャー、ベースラインの内側に入ってプレーするファーストストライカー(この言葉、このピュアストライクが発売されるまで知りませんでした)の2種類がるらしいのですが、今回のこのバボラピュアストライクはこの後者、ファーストストライカーに向けて作られたラケットと宣伝されています。

ベースラインあたりで打ち合っているとき、シングルスならば、自分の場合だとベースラインよりちょっと後ろに下がって打っていることが多いので、まあ、プレースタイルとしてはパンチャーということでしょうか。

パンチャーか、ファーストストライカーか、どちらがプレーとしては難しいのか。やはりベースラインの内側に入って、球の上り際、いわゆるライジングで打っていくファーストストライカーの方が難しい、ということになるのでしょう。

今回のこのラケット・バボラピュアストライク、ファーストストライカー向けのラケットということで、中上級者の中でも「俺はライジングでいつもストロークしているぞ」って感じで、ちょっとはプライドのあるテニスプレイヤーには優越感をくすぐるようなうまいラケットではないでしょうか。売り方がうまいな。

しかし、ウィークエンドプレイヤーや草テニスプレイヤーに、ファーストストライカーなんて存在するんでしょうか。ちょっと疑問です。テニスコーチだって、ベースラインの内側でプレーする人ってそんなに多くないような気がするんだけどね。

試打ラケットを今度友人が借りるようなので、また時間があったらこのバボラピュアストライク、打ってみたいと思います。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ラケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

ヘッド(HEAD)グラフィンラジカルMPを試打してみた。うちやすいと思ったら....インプレッション




ヘッド(HEAD)グラフィンラジカルMPという、ヘッドのラジカルシリーズの新バージョンを試打してきました。

ヘッドラケット ユーテック グラフィン ラジカル MP  画像1.JPG このヘッド(HEAD)グラフィンラジカルMP、コスメがなかなかポップなデザインで、今までのヘッドのラケットよりなんだかおしゃれな感じがします。これはちょっとポイントが高いですね。

自分は前作、ヘッドユーテックIGラジカルMPも試打で打ったことあるんですが、ラジカルは意外とヘッドの中では打ちやすい部類に入ると思います。

さっそくヘッド(HEAD)グラフィンラジカルMPをストロークで打ってみました。あれ、けっこう振りやすい。今までのヘッドだと、けっこうスイングしてもしっくりこないラケットが多かったんですが、このグラフィンラジカルMPはプラチナスペックのラケットに似た振りやすさ。ボールの飛びもなかなかいい感じで、一緒に打ってくれた友人も、ボールが伸びてくる感じがするとのことでした。

ヘッドラケット ユーテック グラフィン ラジカル MP  画像2.JPG ラケットを横から見たところ、あれ、フレーム厚が手元から先端まで、細い→太い→細いとなっていました。よく考えたら以前のラジカルMPのモデルは確か、フレーム厚が均一だったようなと思って調べてみたら、やはりそうでした。

以前のモデル、ヘッドユーテックIGラジカルMPのスペックを見てみると、フェース面積98平方インチ、重量295g、平均バランス325mm、フレーム厚21.5mm、ストリングパターン18×20となっていますが、新作のグラフィンラジカルMP、フェース面積と重量は変わらないものの、平均バランス315mm、フレーム厚20mm〜23mm、ストリングパターン19×20とかなりスペックを変えてきましたね。

打ってみて思ったのは、なんだかパワーが増しているのと、打った時の打感がよくなっているような気がしました。前のモデルよりもバランスポイントが手元に来ているわけですが、なんだか打ちやすくなっているような気がしました。

だいたい、同じは次のモデルでもスペックは踏襲して、素材や機能を変えてくるというのがテニスラケットのモデルチェンジの不文律のようなものですが、これだけスペックが変わってきていると前作とはかなり打感が違っていると思いますので、購入をお考えの方は一度、試打してみることをお勧めします。悪いラケット穴井と思いますけどね。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ラケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

ニューSTEAM95、錦織圭の新しいラケットが解禁。デザインは後退したような気がする

いよいよウィルソンの新しい錦織圭選手がすでに試合に使っているニューモデルラケット、STEAM95の情報が解禁されました。

ウィルソンSTEAM95、前のモデルのSTEAM PROとスペックは変わらぬ重量309g、フェース面積95平方インチ、ラケットバランスやラケット長、そしてラケットの厚みも変わらぬスペックで、コスメのみが変更されています。

今回のウィルソンSTEAM95、新たに機能面として「パラレル・ドリル」なる新テクノロジーが追加されました。なにやらストリングを今までラケットの内側で接触させていたのを外側で接触させることにより、フレームの厚み分、スイートスポットが拡大されたとのこと。

このスイートスポットの拡大は、錦織圭選手がウィルソンスタッフにリクエストしたとか。確かにBIG4をはじめとした世界のトップ選手は守備力は半端でなく、球際で手がぐっと伸びて信じられないボールまでとっちゃうからね。

そんな錦織圭選手が手にする新しいウィルソンのラケット、ウィルソンSTEAM95ですが、デザインはなんだか、赤、黒、白ベースで全モデルの黄色の入った革新的なデザインよりも後退した感じがします。錦織圭選手、これからあと少しで世界のトップ10に入る寸前の位置につけていて、これからチャレンジということで、もっと挑戦的で派手なカラーリングのコスメにした方が合うと思うんだけどな。個人的には全モデルの方がデザイン好きだな。

そういえば、新しいウィルソンのラケットラインのコマーシャルに錦織圭、アザレンカ、クビトバ、ロペスとともに出演しています。この顔ぶれ見ると錦織圭もすでにワールドクラスのプレイヤーですね。



さて、この新しいデザインのウィルソンSTEAM95を手にして錦織圭選手、どんな活躍を見せてくれるでしょうかね。人気ブログランキングへ>>>

・Wilson STEAM PROラケット、錦織圭のニューラケットの情報が解禁 の記事


posted by テニスおやじ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ラケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

ウィルソン(WILSON)SIX.ONE 95 JP(シックスワン95JP)パワーもあって打ちやすい。スピンかかります

ウィルソンシックスワン95JP画像1.JPG ウィルソン(WILSON)SIX.ONE 95 JP(シックスワン95JP)を借りてきて試打してみました。

ウィルソンSIX.ONE 95 JPとJPが付く通り日本限定モデルのテニスラケットです。このウィルソンSIX.ONE 95 JP、スペックはフェース面積95平方インチ、ラケット長27.0インチ、重量309グラム、バランスは31.5センチ。ストリングパターンは16✕18。ちなみに張ってあったガットはトアルソンアスタリスク130が54ポンドで張ってありました。

ストロークをこのラケットで打ってみましたが、いいバランス。振りぬきやすいわ。300グラム超の比較的重いラケットをふだんから使っている人には一度試してもらいたいラケットですね。

ウィルソンSIX.ONE 95 JP、振りぬきやすいので、ビュンビュン振り回していましたが、ヘッドが回りやすいので、スピンがかなりかかりやすい。それとラケットがボールを一度ホールドしてから弾き飛ばすような感覚のラケットで打ち心地が非常にいい感じです。

正直いって打っていて楽しくなるような感覚のラケットです。さきほど書いたようにスピンはかかりやすいですし、薄ラケのカテゴリーではありますが、パワーはそれなりにあるラケットなので、スペックの割には扱いやすく思います。

JPの日本限定のモデルですが、重すぎず軽すぎず。ウィルソンの中でも売れ筋のテニスラケットではないかもしれませんが、なかなかピッタリとくるラケットがないと感じるテニス中級者、上級者の方には一度試してもらいたいテニスラケットだと思います。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする