スポンサードリンク

2015年10月26日

土居美咲、ルクセンブルグオープンでWTAツアー初優勝。自信につながった

ルクセンブルグでWTAツアー、BNPパリバ・ルクセンブルグ・オープン。この大会で、初めて準々決勝で元世界ランク1位のイェレナ・ヤンコビッチ(ユーゴスラビア)を破り決勝戦に進出していた日本のナンバー2土居美咲選手。

その土居美咲選手が、決勝戦でもドイツのモナ・バーテル選手を破ってWTAツアーのシングルスで初優勝を果たしました。

〇 土居美咲 VS モナ・バーテル ✕ 2−1(6−4、6−7、6−0)

ツアー大会ですと、どこかで大物選手と当たる確率が非常に高くなりますが、今回も準々決勝で当たったヤンコビッチは、今だに奈良くるみ選手も3度当たって1セットも取れておらず、なかなか手ごわい相手です。しかし、今回は土居美咲選手、3度目の大戦で、初勝利、これは大きな自信につながったでしょう。

土居美咲選手、ダブルスではすでにウクライナの選手と組んで過去、BNPパリバ・イスタンブールカップでWTAツアー大会優勝を果たしていました。しかし、今回はシングルス。うれしかったでしょうね。

今年は、日比野菜緒選手も全くノーマークだったものの、タシケントオープンでWTAツアー大会シングルスであれよあれよと決勝戦まで残り、見事初優勝を飾りました。昨年は奈良くるみ選手がブラジルの大会でツアー初優勝を飾り、日本人女子選手も調子が上がってきたようですが、もうちょっとマスコミも日比野菜緒選手や土居美咲選手のWTAツアー大会優勝を報道してあげたらいいのにね。

上部のツアー大会で優勝するっていうのはかなり大変で、男子なんかは過去にATPツアー大会、シングルスで優勝したのは松岡修造、錦織圭の2人しかいないし、女子の現役選手でWTAツアー大会・シングルスで優勝しているのはクルム伊達公子、奈良くるみ、日比野菜緒、土居美咲の4人しかいないんだから。

なんだか日本のマスコミは4大大会偏重で、ほかのツアー大会は軽視する傾向にありますが、ツアー大会で優勝するって自分的にはすごい出来事と思うんですけどね。ツアー大会シングルスで優勝した日比野菜緒、土居美咲の両選手、優勝したということで大いに自信を持ったと思います。これからの2人の活躍に注目したいですね。人気ブログランキングへ>>>

・土居美咲がダブルスながらツアー大会初優勝。うれしいだろうね の記事
・奈良くるみがリオオープン女子で優勝し、WTAツアー大会初優勝。おめでとう の記事
posted by テニスおやじ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

安藤証券オープンテニス東京2015、東京・有明コロシアム、有明テニスの森公園で開催

2015年の日本で開催される女子国際大会、ITFの下部ツアー大会、安藤証券オープン東京2015が11月17日から22日まで、東京の有明コロシアム、有明テニスの森公園で開催されます。

ITFの女子下部ツアーで見ると、昨年までは岐阜市で行われるカンガルーカップと愛知県・豊田市で行われるダンロップスリクソンの7万5千ドル大会が、最大の大会でありましたが、今年からはこの安藤証券オープンが新規に開設されました。

この安藤証券オープンテニス、下部大会としては大きな10万ドル大会となり、より多くの日本人選手が出場することで、ポイントも稼いで海外へ出ていくきっかけになればいいですね。

しかし、10万ドル大会ともなれ、稼げるポイントも大きいですから、その次の週に愛知県・豊田市のスカイホールで行われる7万5千ドル大会のダンロップスリクソンワールドチャレンジ2015と連戦でアジア、欧米からランキング100位から200位ほどの選手が出場するため、実情としては日本人選手で本戦ストレートインする選手は限られてきますけどね。

安藤証券といえば、奈良くるみ選手も所属し、そのコーチの原田夏希氏も社員にしたり、ほかのテニス大会のサポートもしていたりとテニスにも理解のある企業ですが、こういった企業が増えてくるといいですね。

安藤証券オープン東京、今年2015年が開催初年度ですが、この大会が10年、20年と続いていくことを期待したいです。人気ブログランキングへ>>>

・安藤証券オープンテニス、100000ドル大会は日本国内で行われるにしては大きい大会だが、どこでやるんだろうか 記事
タグ:奈良くるみ
posted by テニスおやじ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

安藤証券オープンテニス、100000ドル大会は日本国内で行われるにしては大きい大会だが、どこでやるんだろうか

2015年の日本テニス協会の女子の国際大会のカレンダーを見てみると、11月24日から29日まで行われる75000ドル大会、ダンロップ スリクソンワールドチャレンジの直前の週、11月17日から22日までの間、安藤証券オープンテニスというITF国際大会が組み込まれています。

奈良くるみちゃん画像 カンガルーカップ.JPG 安藤証券といえば、奈良くるみ選手も所属する会社で、近年、テニスに関しても理解をしめしている企業ですが、その安藤証券の企業名を冠したITF女子国際大会が、今年から新設。その賞金総額100000ドルで下部ツアーとしては日本国内ではいちばん大きな大会です。

しかしながら、その安藤証券オープン、まだ開催場所が載ってません。やっぱり東京の有明コロシアムでやるんだろうか。それとも、地方の会場で開催されるんでしょうか。

この安藤証券って会社、本店が名古屋にあり、営業拠点も東海地方がメインなだけに、名古屋近辺でやってくれると見に行けるんだけどね。所属する奈良くるみ選手も、これくらいの規模ならポイント稼げるのと所属会社の宣伝のために出場するでしょうね。

安藤証券オープンの会場どこになるんだろうね。人気ブログランキングへ>>>



posted by テニスおやじ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

森田あゆみ選手、カンガルーカップ2015に参戦。頑張ってポイント稼いでね

カンガルーカップ2015が岐阜市のメモリアルセンター長良川テニスプラザで始まりました。

カンガルーカップ2015看板画像.JPG このカンガルーカップですが、昨年から賞金額総額が50000ドルから75000ドルに増え、獲得できるWTAポイントも増えて国内屈指の女子のツアー下部大会となっています。

カンガルーカップ2015ポスター画像.JPG 一応、カンガルーカップの今年のポスターには、土居美咲選手も載ってますが、今年は出場しておりません。

その代わりと言ってはなんですが、今回は何と、森田あゆみ選手がこのカンガルーカップに出場しています。以前、北京オリンピック前に杉山愛選手とダブルス、そしてシングルスと2007年に出場して以来じゃないかな。

森田あゆみ選手といえば、先日、東京・有明コロシアムで行われたフェドカップ・ワールドグループ2部プレーオフ、日本対ベラルーシ戦に、けがの穂積絵莉選手に代わって急きょ招集され、シングルスで1勝。いよいよ森田あゆみ選手復活か、と思わせる試合ぶりでした。

そんな森田あゆみ選手が、練習見てたら通ったのでちょっと話しかけてみました。

森田あゆみ選手AYUMI MORITA 画像.JPG 気軽に写真撮影に応じてくれたし、けがの事も実は自分はあまり詳しく知らなかったのですが、腰のけがだったことや先日のフェドカップの事なんか、ちらっと話してくれたけど、いい子だったわ。森田あゆみ選手、性格の良さがそのまま表れている感じでした。

やっぱりさ、テニス選手もある意味、実力だけでなく、人気商売みたいなところもあるでしょ、そんな選手、むっつりたまってファンから声かけられても無視するような選手ではあかんわね。森田あゆみ選手、ますます応援したくなりました。ちゃんと岐阜でポイント稼いで、再度世界への飛躍期待してますよ。

明日のセンターコートで森田あゆみ選手、シングルスに出るので観戦に行ってこようかな今週の岐阜はテニスの熱い戦いが一週間続きますよ。人気ブログランキングへ>>>



タグ:森田あゆみ
posted by テニスおやじ at 20:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 女子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

クルム伊達公子選手、そんなに体を絞って大丈夫?

先日、久しぶりにクルム伊達公子選手の姿を見たとき、ふと思ったことがあります。あんなに体絞って、けがが多くなるんじゃないかと。

スリムな伊達公子選手画像.JPG 久しぶりに見たクルム伊達公子選手、むちゃくちゃ体重を絞り込んでいるように見えました。同じく、ベテランのタイのタマリネ・タナスガーン選手のがっしりとした筋肉の体と比べ、このクルム伊達公子選手の華奢に見える体。もちろん外からはそう見えるけど筋肉でがちがちに絞り切っているのはわかっています。

ここまで体重を絞ったら逆にけがが多くなるんじゃないか、と心配になるほどですが、医学的にはここまで絞っちゃうのと、多少肉がついているのとどちらがけがしにくい体なんでしょうね。

しかし、44歳の体とは思えないスリムで筋肉質のクルム伊達公子選手。これくらいの年齢になると体力は衰える一方なので、体力面では現状を維持するで精一杯でしょうが、そこはベテラン選手、テクニックは年を重ねるごとに円熟味を増しています。来年もどこかでまたクルム伊達公子選手のミラクルが見られたらいいですね。人気ブログランキングへ>>>


タグ:伊達公子
posted by テニスおやじ at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 女子プロテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。