スポンサードリンク

2016年01月18日

錦織圭、ハイセンスアリーナでコール・シュライバーをストレートで破り快勝

全豪オープンテニス2016がいよいよ開幕しました。

今回、日本人は男子が錦織圭選手を筆頭に、ダニエル太郎、西岡良仁、伊藤竜馬、杉田祐一の5人。女子が日比野菜緒、奈良くるみ、土居美咲、大坂なおみの4人。今回は日本人選手、計9人とすごく楽しみな大会になりましたね。

そんな中、初日から日本のエース、錦織圭選手が早々に登場しました。錦織圭選手の試合、ハイセンスアリーナでの試合。このハイセンスアリーナはネーミングライツで中国の電機メーカーの名前が付けられたコートで、全豪オープンテニスの会場、メルボルンパークのなかでも収容人員が2番目に大きなコートです。それだけ、錦織圭選手のこの試合が注目されているということでしょう。

錦織圭選手の全豪オープンテニス2016の初戦の相手はドイツの世界ランキング34位ドイツのフィリップ・コールシュライバー。錦織圭選手にとっては初対戦の相手です。

この錦織圭VSフィリップ・コールシュライバー戦、第1セットこそお互いキープキープでしたが、やっと10ゲーム目でコール・シュライバーのゲームをブレークして第1セットを取り、その後は第2セット、第3セットを難なくとりきり勝利。

〇 錦織圭 VS フィリップ・コールシュライバー ☓セットカウント3−0(6−4、6−3、6−3)

錦織圭選手、長丁場のグランドスラム大会、第1試合を3セットで勝ちきって体力を温存して、第2試合を迎えることができますね。2回戦の相手はアメリカのサウスポー選手オースティン・クライチェック。世界ランキング103位の選手ですが、昨年は1度対戦していて錦織圭選手が勝っています。本来の力を出せば、錦織圭選手が快勝してくれるでしょう。次も期待しましょう。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

メルボルンタワーズ、錦織圭選手の全豪オープンメルボルンの宿舎はもちろん五つ星

いよいよ全豪オープンテニス2016が幕を切って落とします。

今季初出場のツアー大会、ブリスベン国際男子に第2シードとして出場し、準々決勝で地元オーストラリアのバーナード・トミックに敗れ、不完全燃焼のままブリスベンを去った錦織圭選手。

その後、今年は出場予定になかったエキシビション大会クーヨンクラシックに急きょ1試合参戦し、地元の若手選手相手に苦戦したものの、なんとか勝って試合勘を取り戻したと発言していた錦織圭選手。

そんな錦織圭選手には昨年以上の成績、ベスト4を目指し、さらには優勝争いに絡んでくれることを願いつつ応援したいところですが、今年の調子はどうなんでしょうか。

全豪オープンテニスといえば、この1月、南半球といえば真夏の季節。真夏のテニス、特にハードコートの試合ほど体力を奪われるものですが、そんな体力勝負にも近いオーストラリアンオープンで、錦織圭選手が試合を終わって体と心をリラックスするための錦織圭選手が宿泊するのがオーストラリア・メルボルンのクラウンタワーズホテル。

メルボルン クラウンタワーズホテル写真.jpg クラウンタワーズホテル、もちろん五つ星のホテルで、世界のトップ10にも入る錦織圭選手、スイートで宿泊するようです。

このクラウンタワーズホテル、一番安い部屋を見てみたら、現在のレートでコミコミ37000円程度。いつも安宿に泊まる自分からしたら、一番安い部屋でも泊まる気がおきない(というか、泊まれません)。

クラウンタワーズホテルメルボルン、カジノも併設されていて、遊びに行くには最高ですが、まあ、連日練習と試合で明け暮れる錦織圭選手ですからそんな遊びはできないでしょうが、ホテル内にはジムとスパがあって無料で使えるそうなので、ちょっとしたトレーニングとリラックスにはもってこいの高級ホテルのようです。

そんな錦織圭選手も第7シードで臨むオーストラリアンオープン2016、来週月曜日、1月18日から始まります。今年初めてのグランドスラム大会ですからワクワクしますね。人気ブログランキングへ>>>


posted by テニスおやじ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

ジョコビッチにセリーナが優勝。順当な優勝者でした 全豪オープンテニス2015

全豪オープンテニス2015。終わってみれば、なんだかいつもの優勝者って感じで終わってしまいましたね。

男子の決勝戦はノバク・ジョコビッチ(セルビア)VSアンディ・マレー(英国)。

結果は

〇ノバク・ジョコビッチVSアンディ・マレー☓ セットカウント3−1(7−6、6−7、6−3、6−0)

試合はまだ見ていませんが、完勝といってもいいスコアでしょうか。順当というか、大会前からの予想通りの優勝者でしたね。

そして女子はセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)VSマリア・シャラポワ(ロシア)。

〇セリーナ・ウィリアムズVSマリア・シャラポワ☓ セットカウント2−0(6−3、7−6)

パワーに勝るセリーナがまたもやシャラポワを破りました。

ノバク・ジョコビッチは全豪オープンテニス男子シングルス5度目の優勝、セリーナ・ウィリアムズは女子シングルス6度目の優勝。何度も優勝している2人がまたもや優勝しました。

錦織圭選手が負けた後は、男女ともに順当選手が優勝で、個人的には最後は感動もなく大会が終了。しかし、今回はNHKががんばって、錦織圭選手の試合を全試合生中継してくれたので、リアルタイムで感動を分かち合えました。

次の全仏、どこかの局が地上波でもやってくれると思うので、ぜひ期待したいですね。全仏オープンの開幕が待ち遠しいです。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭対ワウリンカ戦敗戦。全豪オープンテニス2015準々決勝 の記事
・錦織圭、フェレールに勝ちベスト8。次はワウリンカだ。全豪オープンテニス2015 の記事
・添田豪も錦織圭に引き続き2回戦へ。全豪オープンテニス2015。日本人勝ち残りは2人 の記事
・錦織圭、アルマグロ相手に全豪オープン1回戦を快勝。NHKさん生中継ありがとう の記事


posted by テニスおやじ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

錦織圭対ワウリンカ戦敗戦。全豪オープンテニス2015準々決勝

錦織圭選手の初の全豪オープンテニスベスト4なるか、というスタニスラス・ワウリンカ(スイス)戦。センターコートのロッドレーバーアリーナで日本時間の午後1時過ぎから始まりました。

錦織圭 ワウリンカ戦.jpg この日のワウリンカ、第1セット、第2セットは完ぺきな試合でした。ワウリンカのサービスから始まった第1セット、第4ゲームに錦織圭選手がサービスをブレークされ、苦しい展開となりそのまま押し切られ3−6で落とします。第2セットもワウリンカの勢いは止まらず、サービスとバックハンドがさえまくり、錦織圭、第5ゲームをブレークされます。そのままの流れでこのセットも、4−6でワウリンカが取ります。これで2セットダウンと追い詰められた形の錦織圭選手。

第3セットは錦織圭選手のサービスから、第1ゲームをあっさりキープする立ち上がりで、そのあとのワウリンカのサービスゲームをそれまでの押されっぱなしのゲームが嘘のようにブレークします。ところがすぐに錦織圭の第3ゲームをワウリンカがブレーク。その後はキープが続き6−6になりタイブレーク突入。こうなると圧倒的にビッグサーバーのワウリンカが有利でした。最後は錦織圭選手、見せ場は作ったものの、そのまま、押し切られてタイブレークは6−8で万事休す。

☓錦織圭VSスタニスラス・ワウリンカ〇 セットカウント0−3(3−6、4−6、6−7)

今日は全く、と言っていいくらい錦織圭の良さを封じられた試合になってしまいました。錦織圭のゾーンに入ることがほぼない試合でしたが、それでも3セット目は、多少見どころを作れていたように思います。それにしても、残念でした。

この後、ツアーは続きますが、次のグランドスラム大会は全仏オープン。クレーでも優勝したことのある錦織圭選手、まったく目がないわけでもないので、ぜひとも次も優勝を目指して頑張ってほしですね。

錦織圭選手、日本国民の期待を背負ってさぞかしプレッシャーのかかった大会でしたでしょうが、お疲れ様でした。次の大会までしっかり疲れを取ってください。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、フェレールに勝ちベスト8。次はワウリンカだ。全豪オープンテニス2015 の記事
・添田豪も錦織圭に引き続き2回戦へ。全豪オープンテニス2015。日本人勝ち残りは2人 の記事
・錦織圭、アルマグロ相手に全豪オープン1回戦を快勝。NHKさん生中継ありがとう の記事


posted by テニスおやじ at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

錦織圭、フェレールに勝ちベスト8。次はワウリンカだ。全豪オープンテニス2015

全豪オープンテニス2015、錦織圭選手の第4回戦、ダビド・フェレール(スペイン)戦。このダビド・フェレールとの試合は、組み合わせが決まった時から4回戦で当たることはわかってましたし、その期待通りに実力を発揮して、錦織圭とフェレールが4回戦まで勝ち上がってきました。

3回戦ではアメリカのスティーブ・ジョンソンに1セット目をタイブレークで取られながらも2、3、4セット目は簡単に連取、セットカウント3−1(6−7、6−1、6−2、6−3)と試合を勝って、4年連続の全豪オープンテニスベスト16を果たした錦織圭選手。

ここまでの錦織圭とフェレールの対戦成績は錦織圭選手の6勝3敗。直近の対戦は、ラオニッチの代わりに代替出場したフェレールと錦織圭選手が戦ったATPツアーファイナル。その時は錦織圭選手がフルセットで勝利しています。今大会、錦織圭選手にとっては初めてのセンターコート、ロッドレーバーアリーナでの試合となりました。

錦織圭VSフェレール戦(全豪オープン)画像.JPG 前の女子の2試合が長引いて日本時間の午後2時からの試合となりました。

錦織圭VSダビド・フェレールの試合、第1セット、フェレールの第3ゲームと第9ゲームをブレークして6−3で錦織圭選手が第1セットを簡単にとります。

第2セット、立ち上がりの錦織圭選手のサービスゲームの第1ゲーム、ダブルフォルトを3つ出したこともあり落としますが、すぐに第2ゲームをブレークバック。その後、第8ゲームもブレークで6−3で第2セットを連取。

第3セット、第1ゲームのフェレールのサービスゲームをいきなりブレークののち、第9ゲームのフェレールのサービスもブレークしてこのセットも6−3。

〇錦織圭VSダビド・フェレール✕ セットカウント3−0(6−3、6−3、6−3)

見事ストレート勝ちでした。これまでの試合の中で、このフェレール戦が一番安心して見ることができる試合でした。グランドスラム大会は2週間ありますが、錦織圭選手、さきちんとセカンドウイークに照準を合わて調整してきていますね。しかし、今回のフェレール戦はかなりあっさりと勝ち切りました。それだけ、錦織圭選手の実力が上がっているということでしょう。

次の準々決勝は昨年の全豪オープテニス男子シングルス優勝者、ディフェンディングチャンピオンのスタニスラス・ワウリンカ(スイス)。対戦成績はここまで錦織圭の1勝2敗と負け越していますが、直近の試合はあの昨年の全米オープンで錦織圭選手が勝った試合。すごい試合になりそうですが、ここも勝ってほしいね。期待してます。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、イワン・ドディグに辛勝。3回戦へ苦しんで進出。NHKもひやひや 全豪オープンテニス2014 の記事
・添田豪も錦織圭に引き続き2回戦へ。全豪オープンテニス2015。日本人勝ち残りは2人 の記事
・錦織圭、アルマグロ相手に全豪オープン1回戦を快勝。NHKさん生中継ありがとう の記事


posted by テニスおやじ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする