スポンサードリンク

2014年01月20日

錦織圭の進化を見たナダル戦。マイケル・チャンのコーチングもすごいね

錦織圭選手のナダル戦、見ましたか? 自分は生でNHKで生中継で見させてもらいました。すごかった。今日のシドニーは気温が20度ちょっとのちょうどいい感じの気温で、2人のベストマッチが見れてよかったです。

結果は錦織圭VSラファエル・ナダルの全豪オープンテニス2014、男子シングルス4回戦、セットカウント0−3(6−7、5−7、6−7)のストレートで敗れてしまいました。

スコアを見てもわかると思いますが、第1セットと第3セットはタイブレークです。決してサービスエース量産型の選手ではない錦織圭選手にとってタイブレークは不利。やはり、タイブレークに突入する前に決めないといけませんでしたが、致し方ない結果となりました。

ただ、見ごたえありましたね。各セットともに1時間を超える、トータル3時間以上の熱線でした。ナダルも第3
回戦まで1度もゲームをブレークされていなかったのですが、錦織圭は4度もゲームをブレーク。ナダルを追い詰める場面が何度もありましたが、土壇場になるとナダルは強い。錦織圭の挑戦は見事に跳ね返されましたね。

それにしても世界ランキング2位まで上り詰めたマイケル・チャンのコーチングも大したもんですね。彼だけのコーチングでナダルとここまで戦えるようになったとは言いませんが、やはりマイケル・チャンの存在は今現在の錦織圭の試合ぶりにかなり反映されていると思います。

今やジョコビッチがボリス・ベッカーを、フェデラーがステファン・エドバーグをコーチに迎え、選手よりもコーチのビッグネームが話題の今年の全豪オープンテニスですが、トップ選手がかつてのトップ選手をコーチにつけるのはやはり、訳があるんですね。

今回の錦織圭選手の戦いぶりを見て、今年の今後の大会は怪我さえなければかなり期待できるでしょうね。楽しみですね。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、5度目のナダル戦。NHKも緊急放送 の記事
・錦織圭、2回戦を快勝。3回戦はヤングと、ナダルとの対戦がいよいよ迫る の記事
・錦織圭、マリンコ・マトセビッチに苦しみながらも勝利。1回戦突破 の記事
・クルム伊達公子、16歳のベンチッチに敗れ、2回戦進出ならず の記事
・錦織圭、ヒューイットに残念な逆転負け。決勝はフェデラーとだったのに〜ブリスベーン国際 の記事




posted by テニスおやじ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

錦織圭、5度目のナダル戦。NHKも緊急放送

昨日、錦織圭選手が全豪オープン2014、男子シングルスでアメリカのドナルド・ヤングをストレートで下して4回戦進出を果たしました。そして、大会が始まる前から4回戦まで進むと当たるとされていたラファエル・ナダル(スペイン)も勝ち上がって、いよいよ錦織圭VSラファエル・ナダルの一戦が、この全豪オープンで実現することとなりました。

錦織圭選手がラファエル・ナダルと当たるのは5度目。初顔合わせの2008年ウィンブルドン選手権の前哨戦クイーンズ選手権で1セットとった以外は錦織圭選手、すべてストレート負け。ラファエル・ナダル、なんだかんだ言って、この大会でも好調を維持しているので勝てる可能性は低いですね。

この全豪オープン2014が始まった当初、昨年までよりもコートが速いとナダルが言っていましたが、それだけは錦織圭にとっては有利な点かも。でも、ナダルの場合、そうは言うものの、ウィンブルドンで優勝しているわけで、ま決して不得意とは言い難い。いずれにせよ、錦織圭選手には負けても見ごたえのある試合をしてほしいですね。

ところで、この錦織圭選手の活躍ぶりに、NHKは今年も錦織圭VSラファエル・ナダル戦の試合を地上波で緊急放送することとなりました。放送時間は1月20日月曜日、NHK総合で午後2時5分より。日本のテニスファンはテレビの前で応援しましょう。頑張れ、圭。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、2回戦を快勝。3回戦はヤングと、ナダルとの対戦がいよいよ迫る の記事
・錦織圭、マリンコ・マトセビッチに苦しみながらも勝利。1回戦突破 の記事
・クルム伊達公子、16歳のベンチッチに敗れ、2回戦進出ならず の記事
・錦織圭、ヒューイットに残念な逆転負け。決勝はフェデラーとだったのに〜ブリスベーン国際 の記事



posted by テニスおやじ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

錦織圭、2回戦を快勝。3回戦はヤングと、ナダルとの対戦がいよいよ迫る

全豪オープンテニス2014、第4目、錦織圭選手が2回戦に挑みました。

錦織圭選手の対戦相手は、セルビアのドゥサン・ラヨビッチ。世界ランキング117位(1月13日現在)と完全に格下の相手だけにここも期待できる試合でした。

錦織圭VSドゥサン・ラヨビッチ、セットカウント3−0(6−1、6−1、7−6)で錦織圭選手の完勝でした。1、2セット目は見ていませんでしたが、3セット目の後半だけ見れました。しかし、そこまで見ると互角の試合だったのですが、見ていて明らかに分かったのは錦織圭選手がばてていたこと。試合後のインタビューでも3セット目は意識がもうろうとしていたということみたいです。

3回戦の相手はアメリカのドナルド・ヤング。この選手もそれほどランキングの高い選手ではないので、落とせない試合ですね。40度を超える気温の中での試合が続いているので、バテないように体調管理を万全にして次戦に臨んでほしいですね。

ここまで進んできて、いよいよ錦織圭選手が4回戦でラファエル・ナダル選手と当たる可能性が高くなってきました。面白いですね。NHKもまたまた地上波でテレビ放送してくれるかな。楽しみですね。

そして女子の奈良くるみ選手も全米に続いて3回戦に進出。3回戦の相手はあのヤンコビッチ。難しい試合ですが、勝ってもらいたいね。ヤンコビッチ、この大会、1回戦で土居美咲選手、2回戦で森田あゆみ選手を一方的なスコアで破ってきているので、ここで一矢報いてほしいですね。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、マリンコ・マトセビッチに苦しみながらも勝利。1回戦突破 の記事
・クルム伊達公子、16歳のベンチッチに敗れ、2回戦進出ならず の記事
・錦織圭、ヒューイットに残念な逆転負け。決勝はフェデラーとだったのに〜ブリスベーン国際 の記事





posted by テニスおやじ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

錦織圭、マリンコ・マトセビッチに苦しみながらも勝利。1回戦突破

全豪オープンテニス2014、2日目。日本のエース、錦織圭選手が男子シングルス1回戦に登場しました。錦織圭の1回戦の相手は地元オーストラリアのマリンコ・マトセビッチ。

地元の声援を受けたマリンコ・マトセビッチ。1月13日付で世界ランキング54位と錦織圭選手とはかなりの開きはあるものの、マリンコ・マトセビッチ選手は地元のオーストラリア国籍。その点、ホームアドバンテージもあります。

錦織圭VSマリンコ・マトセビッチ、の全豪オープンテニス1回戦、セットカウント3−2(6−3、5−7、6−2、4−6、6−2)のフルセットで錦織圭選手が辛勝。最終セットは錦織圭も2ゲーム目のレシーブゲームでラッシュをかけマトセビッチのゲームをブレークできましたが、最後まで気の抜けない試合でした。

この試合、3時間41分の長時間の試合、しかも全豪名物の40度超えの気温の中での試合でしたが、2回戦に疲労を持ち越さないよう、2回戦までに体をケアしてほしいですよね。

一方、1回戦から、優勝候補の一人でもあるアンディ・マレー(英国)と当たってしまった添田豪選手ですが、やはり格が違いすぎました。添田豪VSアンディ・マレー、セットカウント0−3(1−6、1−6、3−6)のストレート負け。いやあ、組み合わせが悪かったですね。

一方の女子は奈良くるみ選手と森田あゆみ選手が勝ち上がり。男子と女子で計3人が2回戦に残りました。いいですね。3人とも対戦相手を見ると勝てない相手ではないので期待が持てますよ。人気ブログランキングへ>>>




posted by テニスおやじ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

ジョコビッチがマレーを退け全豪オープン3連覇。2013年もジョコビッチの年か。ユニクロも目立ってた

全豪オープンテニス2013最終日、メーンイベントの男子シングルス決勝戦が行われました。

全豪オープンテニス男子シングルス2連覇中のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と昨年、初めてグランドスラム、全米オープンテニスを制したアンディ・マレー(英国)の対戦。やはりこの全豪を連覇しているジョコビッチに一日の長あり、と見ていましたが...。

1セット目、2セット目と互いにキープし合ってタイブレークに突入した接戦でしたが、3セット目以降、ジョコビッチの実力が発揮されました。

ノバク・ジョコビッチVSアンディ・マレー、セットカウント3−1(6−7、7−6、6−3、6−2)と自力に勝る世界ランキングナンバー1のジョコビッチが圧倒し、通算4度目、3連覇という偉業を達成しました。全豪オープンテニス3連覇はオープン化以降初めてということです。すごいね。今年もジョコビッチの時代、ということでしょうか。

そして、決勝戦でノバク・ジョコビッチが来ていたユニクロのテニスウエア、なかなか、よかったですね。ちょい地味ですが、あれ買いたい。ジョコビッチモデルは日本で発売しないのかね。錦織圭モデルは販売してるんですけどね。ユニクロ、今回も露出度高くて、宣伝効果は抜群のようでしたね。

さて、次のグランドスラムは全仏。日本ではデビスカップで盛り上がりそうですね。人気ブログランキングへ>>>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130127-00000079-jij-spo
・ビクトリア・アザレンカ連覇を果たす。ナ・リーは左足首ひねって2度転倒 の記事
・フェデラー、アンディ・マレーにあっさり負ける。決勝戦はジョコビッチVSマレー の記事
・クルム伊達公子、ダブルスで敗れて日本人選手はいなくなる。しかし、今年は楽しめました の記事
・錦織圭、フェレールの敗れ4回戦止まり。次はフレンチに向けて の記事
・クルム伊達公子、ヨバノフスキ戦、しびれる好試合も残念ながら敗れる。ダブルスは頑張って の記事
・錦織圭、ドンスコイ破り4回戦へ。フェレール、そしてティプサレビッチを破って突き抜けろ の記事
・クルム伊達公子、シャハー・ピアーを破り全豪オープン3回戦進出は18年ぶり、すごい の記事
・錦織圭、ベルロクに完勝で3回戦進出。伊藤竜馬は1セット取るも敗戦。土居美咲はシャラポワにダブルベーグルを喫する の記事
・添田豪、森田あゆみも1回戦に勝利し、日本人6人全員が1回戦突破。何か起こりそう..... の記事
・クルム伊達公子、ペトロワに手も足も出させない圧勝。またもや公子マジック。全豪オープンの女子シングルス、史上最年長勝利 の記事
・伊藤竜馬、けいれん起こすもフルセット大熱戦で1回戦を突破。しかし、なぜバナナやスペシャルドリンクを用意しない の記事
・錦織圭、ハネスクに1セット奪われるも2回戦へ。左膝は大丈夫 の記事



posted by テニスおやじ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする