スポンサードリンク

2013年01月27日

ビクトリア・アザレンカ連覇を果たす。ナ・リーは左足首ひねって2度転倒

全豪オープン2013、女子シングルス決勝戦。昨年の優勝者ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)とナ・リー(中国)の対戦でした。

録画しておかなかったので、試合展開の詳細は不明ですが、決勝戦ダイジェストを見ていました。ビクトリア・アザレンカとナ・リー、結構いい試合を展開していたようです。ダイジェスト見る限り、素晴らしいストローク戦だったようです。

ビクトリア・アザレンカVSナ・リーの女子シングルス決勝戦、セットカウント2−1(4−6、6ー4、6−3)のフルセットで、アザレンカが逆転勝利。昨年の全豪オープンテニスに引き続き女子シングルス2連覇を達成しました。

この試合の中で、準優勝したナ・リーですが、試合の中で2度転倒。1度目は2セット目。アザレンカのボールが予想したコースと逆に来て、左足首をひねって一時歩けなくなりました。トレーナーのテーピング処置で復帰し、事無きをえました。

そして3セット目。今度はストローク中にこの痛めた左足首が踏ん張れず後頭部から倒れ込んで一時、意識を失いました。こちらも大事に至らずよかったですが、同じ選手が2度も同じ試合でコート場で転倒するのは珍しい。ケガが大事に至らず、ナ・リー選手の選手生命にも影響を与えないことを願います。

さて女子はアザレンカの優勝。男子シングルスは今日、行われます。人気ブログランキングへ>>>
posted by テニスおやじ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

フェデラー、アンディ・マレーにあっさり負ける。決勝戦はジョコビッチVSマレー

全豪オープンテニスもいよいよ、シングルスは決勝戦のみとなりました。

男子のジョコビッチはすでにダビド・フェレール(スペイン)に勝利して、決勝戦に進出していましたが、もう1試合の準決勝戦、ロジャー・フェデラー(スイス)VSアンディ・マレー(英国)の試合が先ほど終わりました。

ロジャー・フェデラーVSアンディ・マレー、全豪オープンテニス2013の男子シングルスの準決勝戦、結局、セットカウント2−3(4−6、7−6、3−6、7−6、2−6)の末、フェデラーが敗れ、マレーが決勝進出。

最終セットだけ見ることが出来ましたが、フェデラーのいつも見せる粘り、それを感じないあっさりとしたテニス内容にはちょっとびっくりしました。以前のフェデラーだったら、ミラクルと呼べるようなラリーが続いたものですが、年齢的なものもあるのか、マレーの力が付いてきたのか、先にフェデラーがミスする場面がkなり多かったような気がした最終セットです。

これで、男子シングルスの決勝戦はノバク・ジョコビッチVSアンディ・マレー戦。ジョコビッチもマレーも調子は良さそうですが、初めて優勝したグランドスラムが全豪オープンのジョコビッチ。一昨年、昨年と2連覇を含む3回の優勝を誇るジョコビッチ。ここはジョコビッチの方が有利でしょうね。

男子シングルスの決勝戦は明後日。その前に明日は女子シングルス決勝戦が行われます。昨年の優勝者、ビクトリア・アザレンカと一昨年の全仏オープンの覇者、ナ・リーとの戦い。アザレンカ有利でしょうかね。人気ブログランキングへ>>>

posted by テニスおやじ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

クルム伊達公子、ダブルスで敗れて日本人選手はいなくなる。しかし、今年は楽しめました

全豪オープンテニス2013、8日目。女子ダブルスで3回戦まで進出した、日本のクルム伊達公子&アランチャ・パーラ・サントンハ(スペイン)組が、昨日の女子ダブルス3回戦でバーバラ・レプシェンコ(米国)&ジェン・サイサイ(中国)組にフルセットで敗れ、これで今回の全豪オープンテニスからは日本人選手はすべていなくなりました。

しかし、今年の全豪オープンテニスでは、本戦に出場した6人全員が1回戦を勝ち上がり、2回戦を勝ち上がった選手が3人。3回戦を勝ち上がって4回戦に進むことができたのは、男子の錦織圭選手一人でしたが、それでも日本人選手の実力が底上げされてきたのは、明らかですね。

ということで、日本人選手のでる試合は無理してでも見たと思ったけど、ちょうど日本人選手も消えてベスト4が出そろってくるころは中だるみ状態ですね。今年の全豪もよく見てみると勝ち残ってきているのが男女ともにいつもの常連。波乱は起きそうにない感じです。

やっぱり終わってみれば、男子はジョコビッチ、女子はセリーナが優勝、ってな感じがしないでもないですが。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、フェレールの敗れ4回戦止まり。次はフレンチに向けて の記事
・クルム伊達公子、ヨバノフスキ戦、しびれる好試合も残念ながら敗れる。ダブルスは頑張って の記事
・錦織圭、ドンスコイ破り4回戦へ。フェレール、そしてティプサレビッチを破って突き抜けろ の記事
・クルム伊達公子、シャハー・ピアーを破り全豪オープン3回戦進出は18年ぶり、すごい の記事
・錦織圭、ベルロクに完勝で3回戦進出。伊藤竜馬は1セット取るも敗戦。土居美咲はシャラポワにダブルベーグルを喫する の記事
・添田豪、森田あゆみも1回戦に勝利し、日本人6人全員が1回戦突破。何か起こりそう..... の記事
・クルム伊達公子、ペトロワに手も足も出させない圧勝。またもや公子マジック。全豪オープンの女子シングルス、史上最年長勝利 の記事
・伊藤竜馬、けいれん起こすもフルセット大熱戦で1回戦を突破。しかし、なぜバナナやスペシャルドリンクを用意しない の記事
・錦織圭、ハネスクに1セット奪われるも2回戦へ。左膝は大丈夫 の記事

ラベル:伊達公子
posted by テニスおやじ at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

錦織圭、フェレールの敗れ4回戦止まり。次はフレンチに向けて

全豪オープンテニス2013、第7日目。4回戦突破、そして昨年同様のベスト8へ向けて、錦織圭選手が強敵、ダビド・フェレール(スペイン)と対戦しました。

ライブで見ることができなかったのですが、結果、錦織圭VSダビド・フェレール、セットカウント0−3(2−6、1−6、4−6)ですストレート負け。どんな試合展開あったか、試合を観戦していないのでわかりませんが、残念ですね

本日深夜、NHKさんが録画放送してくれるので、ハードディスクに録画してまた見てみますが、フェレール、よほど調子が良かったのか、錦織圭選手のひざの具合も芳しくなかったのか。また試合をチェックしてみたいと思います。

しかし、もし錦織圭選手、4回戦を勝ち上がっていれば、天敵のセルビアのティプサレビッチ選手がアルマグロ戦で足の故障のため、試合を棄権していたので、すごくチャンスがあったのに。ティプサレビッチ選手より圧倒的に錦織圭選手が勝てる確率が高いように思われるのに。過去も1戦して1勝でしたから。

錦織圭選手の全豪オープン2013、ここで終わってしまいました。日本人選手のシングルス出場選手はここで全滅。残るは女子ダブルスのクルム伊達公子選手一人。出来るだけ長く粘って、あわよくば決勝くらいまで残ってくれなかな。人気ブログランキングへ>>>

・クルム伊達公子、ヨバノフスキ戦、しびれる好試合も残念ながら敗れる。ダブルスは頑張って の記事
・錦織圭、ドンスコイ破り4回戦へ。フェレール、そしてティプサレビッチを破って突き抜けろ の記事
・クルム伊達公子、シャハー・ピアーを破り全豪オープン3回戦進出は18年ぶり、すごい の記事
・錦織圭、ベルロクに完勝で3回戦進出。伊藤竜馬は1セット取るも敗戦。土居美咲はシャラポワにダブルベーグルを喫する の記事
・添田豪、森田あゆみも1回戦に勝利し、日本人6人全員が1回戦突破。何か起こりそう..... の記事
・クルム伊達公子、ペトロワに手も足も出させない圧勝。またもや公子マジック。全豪オープンの女子シングルス、史上最年長勝利 の記事
・伊藤竜馬、けいれん起こすもフルセット大熱戦で1回戦を突破。しかし、なぜバナナやスペシャルドリンクを用意しない の記事
・錦織圭、ハネスクに1セット奪われるも2回戦へ。左膝は大丈夫 の記事




posted by テニスおやじ at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

クルム伊達公子、ヨバノフスキ戦、しびれる好試合も残念ながら敗れる。ダブルスは頑張って

全豪オープンテニス6日目、ナイトセッションにクルム伊達公子VSボヤナ・ヨバノフスキ(セルビア)がありました。

この試合、クルム伊達公子選手が1セット目の相手のサーブをブレークするも、第2ゲームブレークバックされ、そのまま1セットを落としました。

第2セットも相手のボヤナ・ヨバノフスキにズルズルとゲームをとられ0−2となったところで、クルム伊達公子選手、3ゲームを連取。その後、接戦で相手のボヤナ・ヨバノフスキに力で押し込まれるも、クルム伊達公子選手、若い選手と変わらぬパワーで対抗、ゲームカウント6−6でタイブレークまで持ち込みます。

しかし、さすがにタイブレークはボヤナ・ヨバノフスキの若さにはかなわず、セットを落とし万事休す。しかし、2セット目のクルム伊達公子選手とボヤナ・ヨバノフスキの攻防はすごかったです。見ごたえのあるセットでした。

クルム伊達公子VSボヤナ・ヨバノフスキ、セットカウント0−2(2−6、6−7)のストレートでクルム伊達公子選手、敗れたものの見ごたえのある試合を展開してくれました。残念な試合だった。

ということで、クルム伊達公子選手、シングルスでは敗れたもののダブルスではまだ残っています。そちらも頑張ってほしいですね。

さて、もう一人、女子で残っていた森田あゆみ選手。セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)との対戦でしたが、セットカウント0−2(1−6、3−6)で敗れてしまいました。4ゲーム取れているのでこちらは結構、善戦した模様です。セリーナ相手に現状、4ゲーム取れれば大したもんです。

シングルスで残っている日本人はこれで錦織圭選手、一人。さて、フェレール戦、どうなることやら。人気ブログランキングへ>>>

・錦織圭、ドンスコイ破り4回戦へ。フェレール、そしてティプサレビッチを破って突き抜けろ の記事
・クルム伊達公子、シャハー・ピアーを破り全豪オープン3回戦進出は18年ぶり、すごい の記事
・錦織圭、ベルロクに完勝で3回戦進出。伊藤竜馬は1セット取るも敗戦。土居美咲はシャラポワにダブルベーグルを喫する の記事
・添田豪、森田あゆみも1回戦に勝利し、日本人6人全員が1回戦突破。何か起こりそう..... の記事
・クルム伊達公子、ペトロワに手も足も出させない圧勝。またもや公子マジック。全豪オープンの女子シングルス、史上最年長勝利 の記事
・伊藤竜馬、けいれん起こすもフルセット大熱戦で1回戦を突破。しかし、なぜバナナやスペシャルドリンクを用意しない の記事
・錦織圭、ハネスクに1セット奪われるも2回戦へ。左膝は大丈夫 の記事

posted by テニスおやじ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 全豪オープンテニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする