スポンサードリンク

2015年09月24日

日本の対戦相手はアンディ・マレー率いるイギリス。強敵すぎる。デビスカップ・ワールドグループ2016

先日、アウェーのコロンビアでのワールドグループ・プレーオフで、錦織圭、ダニエル太郎の活躍もあり、ワールドグループ残留を決めたデビスカップ日本チーム。

そのデビスカップの来年のワールドグループ1回戦が来年3月4日から6日のかけて行われますが、その初戦の対戦相手が決まりました。

日本の2016年デビスカップの初戦はなんとアンディ・マレー率いるイギリスチーム。イギリスといえば、今年のデビスカップも決勝戦まで進出、今年の11月27日から29日に優勝をかけてベルギーと戦いますが、もちろん言うまでもなく強敵チーム。

準決勝のオーストラリア戦ではアンディ・マレーがシングルス、ダブルス合わせて3勝を挙げる大活躍でイギリスを決勝まで導いています。しかも、今回もアウェーでの試合となります。きついね。

昨年のATPツアーファイナルではアンディ・マレーに圧勝した錦織圭選手ですが、その他の試合では5敗。今年もマスターズの2大会で完敗してますからね。苦しい試合になりそうですよ。

来年のことを今からいうと鬼が笑うというように、来年のその時点でマレーがけがをしてるかもしれないし、逆に錦織圭選手も不調で出られないなんてこともあるので、何とも言えないですが、日英2人のエースが万全の態勢で出てきたならば、勝ち上がりはかなり難しそうですね。人気ブログランキングへ>>>

・ダニエル太郎が1勝を上げてワールドグループ残留 の記事
posted by テニスおやじ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | デビスカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

ダニエル太郎が1勝を上げてワールドグループ残留

テニスの国別対抗戦デビスカップのプレーオフ、日本VSコロンビア戦。今回は敵地コロンビアのホームで行われました。

初日は、日本のエース、錦織圭選手とコロンビアのナンバー2、アレハンドロ・ファリャの対戦、そしてダニエル太郎とコロンビアのエース、サンティアゴ・ヒラルドの対戦。

☓ ダニエル太郎 VS サンティアゴ・ヒラルド 〇 セットカウント 2−3

〇 錦織圭    VS アレハンドロ・ファリャ ☓ セットカウント 3−0

2日目のダブルス。

☓ 西岡良仁 内山靖崇組 VS ファン・セバスチャン・カバル ロベルト・ファラ 〇
       セットカウント 1−3

そして3日目

〇 錦織圭 VS サンティアゴ・ヒラルド ☓ セットカウント 3−0

〇 ダニエル太郎 VS アレハンドロ・ファリャ ☓ セットカウント 3−0

いやあ、錦織圭選手の2勝は計算済み。逆にこの2勝がないと日本は絶対に勝てないのですが、ダニエル太郎選手の1勝は大きかったですね。

1日目のコロンビアのエース、サンティアゴ・ヒラルド選手に対して、ダニエル太郎選手のフルセットの末の惜敗で、今日のコロンビアのナンバー2、アレハンドロ・ファリャ選手に対する勝利はある程度、予想はできましたが、しかし、ダニエル太郎選手、よく勝ちましたね。

総力戦でコロンビアに勝利し、ワールドグループ残留を決めた日本ですが、来年はワールドグループで勝ち上がって、いつかは優勝、といってほしいですね。人気ブログランキングへ>>>
posted by テニスおやじ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | デビスカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

デビスカップ・プレーオフ、コロンビア戦。西岡良仁初選出。ダニエル太郎どこに使う

国別対抗戦デビスカップのワールドグループプレーオフのVSコロンビア戦が敵地、コロンビアで9月18日から3日間行われます。

そのデビスカップのワールドグループプレーオフに出場するメンバー4人が発表されました。日本のエース、錦織圭をはじめ、西岡良仁、ダニエル太郎、内山靖崇の4人がそのメンバーです。

錦織圭はシングルスの主軸として2勝を確実に見越す意味では当然のメンバー入り。内山靖崇選手はダブルスに出場させるためにこれも順当ですね。そして、西岡良仁選手は、全米オープンテニス2015で初めてグランドスラム大会本戦初勝利を果たし、乗りに乗っているところですからシングルスでも、もしかしたら1勝はしてくれるかも、という意味で順当でしょうかね。

しかし、ダニエル太郎選手は微妙だな。敵地コロンビアのテニスコートのサーフェスはクレーなので、スペインで鍛えられたダニエル太郎にとっては、お得意のサーフェスですが、そのあたりも考慮しての選択もあるんでしょうかね。

確かにコロンビア選手、南米選手は結構、クレーコートが得意なので、そのあたり調子を見て使い分けるんでしょうが、ダブルスは内山靖崇選手と誰を組ませるつまりなんでしょうかね。

ダブルスのことを考えると、ベテランながら添田豪選手という選択もあったんではと思いますが、さすがに年齢的なことも考慮して、今回は若い選手を中心に選手を選出したようですね。今回は敵地、地球の裏側のコロンビアということもあるし、コロンビアチームに有利なのは間違いないですが、ここはぜひとも踏ん張って、ワールドグループにとどまってほしいと思います。人気ブログランキングへ>>>
posted by テニスおやじ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | デビスカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフVSコロンビア戦。添田豪の調子がいいぞ

日本が出場するデビスカップ・ワールドグループ・プレーオフが来月の9月18日から、アウェイ、コロンビアで始まります。

今回の会場は南米・コロンビアということで、日本の反対側でかなり距離もあり、コンディションをきちんと整えるのが非常に難しい、過酷な状況で、やはりホームのコロンビアチームのほうが有利かもしれません。

絶対的なエース錦織圭選手で2勝を期待できても、後のシングルス2試合、そしてダブルス1試合のうち。どれかをものにしないと勝ち上がれないわけですからね。

そんな中、このところ日本のナンバー2、添田豪選手が調子を上げています。先週のATP250大会、アトランタオープンで元世界ランキング13位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を1回戦で破り、2回戦も突破、ベスト8まで進出しています。

日本がデビスカップのワールドグループ・プレーオフでコロンビアに勝つかどうかのキーパースンは添田豪選手であることは間違いないので、最近の調子の良さは頼もしい限りです。

その前に、今月末には、今シーズン最後の4大大会、全米オープンテニスも控えています。昨年に引き続き、錦織圭選手の上位進出も期待されている大会です。そんな錦織圭選手が出場するシティ・オープン男子がアメリカ・ワシントンで3日から始まります。錦織圭選手は第2シード。本番の全米オープンテニスはまだ先なので、くれぐれも無理せず戦ってほしいですね。人気ブログランキングへ>>>

posted by テニスおやじ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | デビスカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

デビスカップ日本VSチェコ戦、日本は0勝5敗で敗退でしたが、錦織圭、添田豪不在でよくやりました

デビスカップ2014、ワールドグループ準々決勝 日本対チェコ共和国戦は結局、日本がチェコ共和国に対して0勝5敗と完敗に終わりました。残念。

試合結果

1日目
・シングルス第1試合:伊藤竜馬VSラデック・シュテパネク  セットカウント 1−3
・シングルス第2試合:ダニエル太郎VSルカシュ・ロソル   セットカウント 2−3

2日目
・ダブルス第1試合:伊藤竜馬、内山靖崇VSラデック・シュテパネク、ルカシュ・ロソル 
                              セットカウント 1−3

3日目
・シングルス第1試合:内山靖崇VSルカシュ・ロソル     セットカウント 1−2
・シングルス第2試合:ダニエル太郎VS ジリー・ヴェセリ   セットカウント 0−2

3日目は消化試合ということで、経験のため内山靖崇選手を伊藤竜馬選手の代わりに出してきましたが、5連敗です。

しかし、日本チームは図抜けた実力を持つ日本ナンバー1の錦織圭選手を足の故障で欠き、ナンバー2の添田豪選手が体調不良で出場できない中、伊藤竜馬選手がシュテパネク選手相手に1セット取り、ダニエル太郎選手がルカシュ・ロソル選手相手にフルセットと、ある程度、ゲームメークして、日本のテニスファンを沸かせてくれました。

一昔前の日本男子テニスなら、ナンバー1、ナンバー2の選手が欠けたりしたら、1セットも取れずにコテンパンにやられておしまい、というパターンでしたが、今は代替選手でもある程度ゲームメークできるような選手層が厚いチームに成長してきました。

今回、チェコには完敗してしまいましたが、錦織圭選手や添田豪選手が万全の態勢で臨めば、ワールドグループでもある程度は戦えることも実証できました。今回のチェコ戦は残念な結果となりましたが、来年以降のデビスカップ、日本もなかなか期待できそうです。いつの日か、日本もデビスカップで優勝なんてこともあるかもしれませんよ。人気ブログランキングへ>>>
・錦織圭、チェコ戦欠場。代わりにダニエル太郎が選出。シングルスに出してほしいね の記事
・デビスカップ、日本VSチェコ戦、棄権した錦織圭選手は大丈夫かな の記事
・デビスカップ日本VSカナダ、日本が勝利。勝因はダブルスかな の記事



posted by テニスおやじ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | デビスカップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする